酸化的リン酸化

出典: meddic

oxidative phosphorylation
電子伝達系


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/06/22 15:30:31」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 造血幹細胞と代謝調節
  • 平尾 敦
  • 再生医療 : 日本再生医療学会雑誌 14(1), 18-29, 2015-02
  • NAID 40020397372
  • ヘム合成のバイオロジーの最前線
  • 藤原 亨,張替 秀郎
  • 臨床血液 56(2), 119-127, 2015
  • … ヘム生合成の障害があると,組織への酸素輸送,ミトコンドリアでの酸化的リン酸化,薬物代謝等に重大な障害を生じ,その結果,ポルフィリン症と総称される一群の疾患を生じる。 …
  • NAID 130004920717
  • "耐える"ための代謝リプログラミング : エネルギー制御シグナル調節による癌の生存戦略 (第1土曜特集 癌幹細胞) -- (癌幹細胞制御の分子学的メカニズム)

関連リンク

移動: 案内, 検索. 酸化的リン酸化(さんかてきリンさんか、oxidative phosphorylation) とは、電子伝達系に共役して起こる一連のリン酸化(ATPの生合成)反応を指す。細胞内 で起こる呼吸に関連した現象で、高エネルギー化合物のATPを産生する回路の一つ。

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
先読み電子伝達系」「oxidative phosphorylation
拡張検索酸化的リン酸化共役因子
関連記事リン」「リン酸化」「」「酸化的」「酸化

電子伝達系」

  [★]

electron transport chain, electron transport system, electron-transport system, electron-transfer system
電子


電子伝達系

分子

還元力のキャリアー

酵素複合体

  • 複合体I
CoQによるNADHの酸化を触媒
  • 複合体III
シトクロムcによるCoQの酸化を触媒
  • 複合体IV
電子受容体O2による還元型シトクロムcの酸化を触媒
  • 複合体II
CoQによるFADH2の酸化を触媒

反応

  • 正味の反応:
NAD+ + 2H+ + 2e- ⇔ NADH ΔE = -0.315V
反応は左に進む
1/2O2 + 2H+ + 2e- ⇔ H2O ΔE = 0.815V
反応は右に進む
  • NADH + 1/2O2 + H+ ⇔ H2O + H2O ΔE = 1.130V
ΔG゚'=-nFΔE゚' ゆえに ΔG゚' = -218kJ/mol。ATP合成には30.5kJ/mol必要
  • 1モルのNADHの酸化により約3ATPを合成できる

阻害薬 (FB.337)



oxidative phosphorylation」

  [★]

See also Phosphorylation; Respiratory chain


酸化的リン酸化共役因子」

  [★]

oxidative phosphorylation coupling factor


リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3






リン酸化」

  [★]

phosphorylation
基質レベルのリン酸化




的」

  [★]

target
ターゲット標的


酸化的」

  [★]

oxidativeoxidatively


酸化」

  [★]

oxidation





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡