酸化

出典: meddic

oxidation



Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/07/15 21:57:19」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 最近の研究から 5d電子系イリジウム酸化物における新奇な絶縁体と超伝導
  • 渡部 洋,白川 知功,柚木 清司
  • 日本物理学会誌 70(1), 31-35, 2015-01
  • NAID 40020317066
  • 交流 ペロブスカイト型Co酸化物のスピンクロスオーバー現象 : その歴史と現状
  • 浅井 吉蔵,小林 義彦,佐藤 桂輔
  • 日本物理学会誌 70(1), 6-13, 2015-01
  • NAID 40020317028
  • 分析・計測技術 機能性表示制度導入で注目高まる抗酸化能測定

関連リンク

酸化(さんか、Oxidation)とは、対象とする物質が電子を失う化学反応のこと。具体的に は、物質に酸素が化合する反応、あるいは、物質が水素を奪われる反応などである。 例えば、鉄がさびて酸化鉄になる場合、鉄の電子は酸素(O2)に移動しており、鉄は酸化 ...

関連画像

 を作り出すことが「酸化タンパク質の酸化のしくみの図 酸化・還元)|サービスと技術使用油脂:大豆油、抗酸化剤 抗酸化分子として優れた機能を  働きを「酸化」といいます


★リンクテーブル★
リンク元oxidation」「oxidization」「還元
拡張検索動脈血二酸化炭素分圧」「サイクリックAMP依存性タンパク質リン酸化酵素」「銅含有アミン酸化酵素」「酸化剤」「酸化エチレン

oxidation」

  [★]

  • 酸化
oxidisedoxidizableoxidizationoxidize

WordNet   license wordnet

「the process of oxidizing; the addition of oxygen to a compound with a loss of electrons; always occurs accompanied by reduction」
oxidization, oxidisation

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「酸化」

oxidization」

  [★]

  • 酸化
oxidationoxidisedoxidizableoxidize

還元」

  [★]

reduction
酸化


動脈血二酸化炭素分圧」

  [★]

arterial carbon dioxide pressure, PaCO2, arterial partial pressure of carbon dioxide
動脈血炭酸ガス分圧
炭酸ガス分圧 carbon dioxide partial pressure,二酸化炭素分圧 Pco2
二酸化炭素、重炭酸イオン濃度、二酸化炭素解離曲線酸塩基平衡
  • 基準値:35-45torr
  • 基準値(HIM.A-3):32-45 mmHg
  • SIRSの診断基準ではPaCO2<32mmHg

臨床関連


サイクリックAMP依存性タンパク質リン酸化酵素」

  [★]

cAMP-dependent protein kinaseprotein kinase AA-kinase
AキナーゼプロテインキナーゼAcAMP依存性タンパク質リン酸化酵素サイクリックAMP依存性タンパク質キナーゼサイクリックAMP依存性プロテインキナーゼ


銅含有アミン酸化酵素」

  [★]

copper amine oxidasecopper-containing amine oxidase
銅アミン酸化酵素銅アミンオキシダーゼ銅含有アミンオキシダーゼジアミン酸化酵素ヒスタミナーゼ

酸化剤」

  [★]

oxidant, oxidizing agent
酸化


酸化エチレン」

  [★] エチレンオキサイド




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡