遅発性尺骨神経麻痺

出典: meddic

tardy ulnar palsy, tardy ulnar nerve palsy
尺骨神経麻痺


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 遅発性尺骨神経麻痺に対する尺骨神経筋層下前方移動術の経験
  • 赤川 誠,前岡 勇人,三秋 恒平,岡田 正人,松本 忠美
  • 中部日本整形外科災害外科学会雑誌. 中部日本整形外科災害外科学会抄録 50(3), 435-436, 2007-05-01
  • NAID 10019738946
  • 内反肘変形に生じた遅発性尺骨神経麻痺の治療例

関連リンク

遅発性尺骨神経麻痺に対する尺骨神経筋層下前方移動術の経験 ... 内反肘変形に生じ た遅発性尺骨神経麻痺の治療例 ... 上腕骨頭や肘関節部の骨折・外反肘(遅発性尺骨 神経麻痺)、肘部管症候群などによる機械的損傷(肘部管症候群(良くある)、尺骨管 ...
肘部管症候群では,尺骨神経が肘関節を通過する部位で圧迫されることにより麻痺を 起こす疾患で,手指の第4,5指の知覚障害と、手指を閉じたり開いたりする運動障害が 主症状となります.薬指の外側と小指のしびれ感が初期の症状です.

関連画像

 管症候群・遅発性尺骨神経麻痺図70タイトルは図2-4.尺骨神経筋層下前方移動 上腕骨外上顆骨折 cheironpartのブログ-上腕骨外顆


★リンクテーブル★
リンク元尺骨神経麻痺
関連記事尺骨神経」「神経」「遅発性」「遅発」「尺骨

尺骨神経麻痺」

  [★]

ulnar nerve paralysis, ulnar nerve palsy
尺骨神経
  • 両筋は中手筋と呼ばれる(KL)
  • 尺骨神経麻痺により、両筋が麻痺して、MP関節で過伸展、IP関節で屈曲し、手筋マイナス位をとる(KL.107)

尺骨神経麻痺

尺骨神経麻痺 正中神経麻痺 橈骨神経麻痺
小指球筋萎縮   母指、示指の屈曲障害 (祈祷手) 手関節背屈障害 (下垂手)
骨間筋萎縮 母指球の萎縮
(猿手) 指MP関節進展 (下垂指)
中節・末節屈曲位 (鷲手) 母指の対立障害  
指内転・外転不能 (フロマン徴候陽性)  

原因

  • 上腕骨頭や肘関節部の骨折・外反肘(遅発性尺骨神経麻痺)、肘部管症候群などによる機械的損傷(肘部管症候群(良くある)、尺骨管症候群(あまりない))、運動ニューロン疾患、ハンセン病などにおける部分症として発症。


症例

  • 60歳男性。5年前から徐々に右手の環指、小指に知覚障害が出現したため来院。屈曲障害はない。小指球筋の筋萎縮があり、母指、示指のつまみ運動が困難である。既往に右上腕骨外側顆骨折がある。


尺骨神経」

  [★]

ulnar nerve
nervus ulnaris
筋皮神経橈骨神経正中神経

筋:前腕部1つ。手掌母指1つ。小指球筋。骨間筋。尺側の虫様筋
皮:上腕・前腕部なし。手の掌側は尺側1.5指、背側2.5指

  • 図:N.456,459(上腕、前腕、手掌の走行の概略)

由来

支配 (M.407,424,425)

走行 (KL.130)

部位分類

  • 手背枝:前腕で分岐:手背の尺側半分、尺側2+1/2指(中指の尺側、薬指、小指)の背側面
  • 浅枝:尺骨管あたりで分岐:手掌の尺側と1+1/2指(小指と薬指の尺側半)
  • 深枝:尺骨管あたりで分岐:筋

機能的分類

  • 筋枝
  • 関節枝
  • 皮枝

臨床関連



神経」

  [★]

nerve
nervus
ニューロン


解剖で分類

情報で分類

機能で分類


遅発性」

  [★]

delayedlate-onsettardivetardy
後発性遅延型遅延性遅発遅発型遅発的晩期発症晩期発症型晩発晩発性


遅発」

  [★]

delayedlate
後期後発性遅延型遅延性遅発型遅発性遅発的晩発晩発性遅い


尺骨」

  [★]

ulna
cubitus
橈骨



解剖




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡