造骨性病変

出典: meddic

和文文献

  • 前立腺癌骨転移病変の骨単純X線像
  • 比嘉 傳,秋元 晋,井坂 茂夫,島崎 淳,後藤 澄雄
  • 日本泌尿器科學會雜誌 82(5), 734-743, 1991-05-20
  • … にて病像をつかめない未変化型の5型に分類した結果,1)15%,2)31%,3)17%,4)10%,5)27%であった.2)と3)の混合型の2型は骨転移巣の拡がりが他の型よりも大きく,前立腺酸性ホスファターゼは高い傾向を示した.治療後に造骨性病変の一過性増大がみられ,これは増悪とはいえなかった.時間経過とともに治療効果の有無と関係がなく破骨性病変より造骨性へと変化し,これが病勢とともに繰り返されるとみなされた.破骨性病変の増大は病 …
  • NAID 110003059476

関連リンク

癌と骨病変 Part1. 成因と病態 H16.11早朝カンファランス 仲田 「癌と骨病変 メディカルレビュー社、2004」 ... は溶骨・非造骨性骨転移ではPSA 低値で、造骨性の場合は高値である。PSA はセリン プロテアーゼを介して骨芽細胞の増殖 ...
癌と骨病変 Part 2.症候 早朝カンファランス 仲田 肺癌の骨転移後の平均生命予後は3ヶ月程度だが乳癌や前立腺癌では2~3年である。 造骨性転移の方が病的骨折は少なく癌性疼痛も少なく、溶骨性転移より予後も良好である。
... において破骨細胞刺激因子の働きが強い場合溶骨性転移として、骨形生が上回る場合は造骨性 転移として認められる。 溶骨性転移(osteolytic bone metastases) 破骨細胞刺激因子の働きが強い場合 溶骨性転移が著明ながん 造骨 ...

関連画像

同一転移巣内に造骨性及び溶骨  で ありまして 転移 性 病変 部3)骨転移 の分子機構解明と 転移性脊椎腫瘍


★リンクテーブル★
関連記事性病」「病変」「造骨性

性病」

  [★]

venereal disease VD
性感染症

定義

  • 性交によって感染する疾患の総称


病変」

  [★]

lesion
障害傷害破壊



造骨性」

  [★]

osteogenic
骨形成骨原性




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡