逆流率

出典: meddic

RF, regurgitant fraction

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • PEG患者における流動栄養剤の固形化が胃排出機能、胃食道逆流率に及ぼす影響
  • 西脇 伸二,丹羽 優佳里,久保田 全哉,白上 洋平,後藤 尚絵,岩下 雅秀,小野木 啓人,林 隆夫,前田 晃男,齋藤 公志郎
  • 日本農村医学会雑誌 53(3), 364, 2004-09-01
  • NAID 10013485250
  • 粘度調整ゲル化剤を用いた経腸栄養剤投与法の胃食道逆流に対する予防効果と臨床使用経験
  • 田部井 功,久保 宏隆,矢野 文章,稲田 晴生
  • 日本消化器外科学会雑誌 36(2), 71-77, 2003-02-01
  • … 結果 : 1)経管栄養剤K-3Sの粘度は8cpであり,REF-P1を加えたとき粘度は900cpまで上昇し安定した.2)K-3Sのみの胃食道逆流率が3時間の検査中2.1%だったのに対し,REF-P1を使用した場合はわずか0.3%だった.3)毎食逆流の見られた患者はいなくなり,嘔吐,下痢,熱発などの副作用を訴える患者数も減少した. …
  • NAID 110001294766
  • PISA法による僧帽弁逆流の定量的評価と逆流率の検討(短報)
  • 土井口 修,高橋 健
  • The journal of veterinary medical science 62(1), 109-112, s・v-s・vi, 2000-01
  • … 僧帽弁逆流が高度と判断した僧帽弁閉鎖不全症(MR)の33例に"Proximal Isovelocity Surface Area" Methodを用い,逆流量を測定した.このPISA法により求めた逆流量とパルスドプラ法で測定した逆流量との相関をみた.その結果,PISA法はパルスドプラ法で測定した逆流量と有意な相関(p<0.01, r=0.97)が認められた.PISA法を用いて算出したMR32例の逆流率の範囲は23∼73%で平均51.6±11.8%であった.逆流量の範囲は3.2∼32mlで平均8.4±6.4mlであった.( …
  • NAID 110003920409

関連リンク

この方法で計算した1回収縮時の逆流量が60ml以上あるか、逆流率が55%以上あった場合は 高度の僧帽弁閉鎖不全と評価される。 3.3.3 vena contracta を用いた方法 僧帽弁の逆流ジェットが逆流口から出た直後の、最も狭い幅の部分をvena ...
PISA法による僧帽弁逆流の定量的評価と逆流率の検討(短報) Examination of Quantitative Analysis and Measurement of the Regurgitation Rate in Mitral Valve Regurgitation by the "Proximal Isovelocity Surface Area" Method

関連画像

 多型別の逆流性食道炎の治癒率 可能都是 胃食道逆流 的症狀 弁閉鎖不全症(大動脈弁逆流超声波连续逆流提取设备 提高  逆流 する っ う わあ ああ ああ逆流量が60ml以上あるか、逆流


★リンクテーブル★
リンク元RF
関連記事逆流」「

RF」

  [★]

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「radio frequency無線周波数」


逆流」

  [★]

reversal flow, reverse flow, retrograde flow, reflux, regurgitation, regurgitate, backflush
還流弁閉鎖不全逆流症閉鎖不全症


率」

  [★]

rate
  • 集団における現象発生の頻度を表す指標。全体に対する部分の割合を示す。
  • 値は0~1




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡