逆比換気

出典: meddic

IRV

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

通常の機械的人工呼吸では,吸気と呼気との時間比(IE比)を1:2に設定することが多いが,吸気時間を呼気時間より長くし,I:E比を1:1以上でおこなう換気様式を逆比換気(inversed ratio ventilation; IRV)という。肺胞がゆっくり ...
逆比換気法とは、人工呼吸の一種で、通常の機械的人工呼吸では、吸気と呼気との時間比を1:2に設定することが多いのですが、吸気時間を呼気時間より長くし、吸気と呼気との時間比を1:1以上でおこなう換気様式を
とくに、最近の検討では、プラトー圧 30cmH2O 以下であれば換気量制限は不要、それ以上だと換気量制限(プラトー圧制限)をしないと死亡率が上がってしまう…ということが示されています。つまり、プラトー圧が 30cmH2O を超えない ...

関連画像

操作方法又は使用方法等前バージョン Ver2.1での設定 上の図は、典型的なエアコンの composX+EA アルミ架台コンポ―スβ麻酔器


★リンクテーブル★
先読みIRV
関連記事換気」「

IRV」

  [★]

inspiratory reserve volume


換気」

  [★]

ventilation



換気(環境)

換気()

肺の換気の分布(SPU. 21-22)

  • 吸気は各肺胞に均等に分布しない。胸腔内圧は肺の上部ほどより陰圧となるために、肺尖部の肺胞および気道の径は常に肺底部より大きくなる。このため、肺尖部の方が換気が良好であり、肺胞内酸素分圧が高い。


気」

  [★]

vital energy, life energy, active energy




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡