軸索断裂

出典: meddic

axonotmesis
軸索損傷



UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 軸索断裂後の茸状乳頭の再分化
  • 松本 光治郎,長門 俊一,谷岡 博昭
  • 日本口腔科学会雜誌 44(4), 613-621, 1995-10-10
  • NAID 10006613249
  • 正中部に病変が限局したび慢性脳損傷(Diffuse Brain Injury)の一剖検例 : DAI (Diffuse Axonal Injury)との異同について
  • 女屋 光基,冨永 格,加藤 雄司,木村 寿子,笠原 麻里,杠 岳文,鹿島 晴雄
  • 産業医科大学雑誌 17(1), 39-47, 1995-03-01
  • … 前交連の軸索断裂。 …
  • NAID 110001260829

関連リンク

神経が解剖学的に完全に断裂、もしくは広範囲に裂離し、圧挫損傷を伴う。軸索、 シュワン細胞、神経内膜管は完全に断裂され、神経周膜、神経上膜も断裂される。完全 な断裂が認められない場合は神経周膜もしくは神経上膜の断片により間隙が埋められ ている ...
軸索が断裂してしまいその部位より末梢に伝導されなくなります。これはNeurapraxiaと 同じですが病態が異なります。断裂部より末梢の軸索はWallar変性してしまうということ です。しかし、神経幹の連続性がありますので圧迫などの原因が取り除かれれば回復 ...

関連画像

外傷の種類>神経障害の程度と再生の分類  軸索の順に存在しています神経 断裂 神経 の 完全 な 断裂 1)ニューラプラクシー(神経


★リンクテーブル★
リンク元神経障害」「軸索損傷
関連記事断裂」「軸索

神経障害」

  [★]

neuropathyneurological disorderneurologic deficitneurologic disorderneurological deficitnerve damagenervous system disorderneuropathic
神経障害性ニューロパチー神経因性神経症状神経疾患神経系障害神経性障害神経学的障害神経異常神経病神経脱落神経学的徴候局所神経障害神経機能障害ニューロパシー神経学的所見


分類=

  • Seddon(1942)とSunderland(1951)が唱えた分類がそれぞれある

Seddon(1942)による分類

SOTO.165
  • 神経無動作 neuroapraxia : 機能が回復する可逆性障害
  • 軸索断裂 axonotomesis : 回復可能。ワーラー変性が発生。
  • 神経断裂 neurotmesis : 神経線維の障害、完全回復困難。ワーラー変性が発生


軸索損傷」

  [★]

axonal injuryaxonotmesis
軸索断裂


断裂」

  [★]

lacerationrupture
破壊破裂裂傷裂創破綻挫創


軸索」

  [★]

axon
軸索突起
神経線維






★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡
週間・日々の人気記事
最近7日間の人気記事
 タイトル表示
1マーフィー徴候 18
2narrow segment 16
3" wounds are made"  15
4グレイ症候群 15
5"phenoxypolyethoxylethanol" 15
6ロイシンエンケファリン 13
7硝酸ミコナゾール 11
8Common Laboratory Equipment 11
9content 10
10だいすいたいしんけい 9
11粟粒結核と肉下種 9
12全身性ヒマン細胞小 9
13細胞内寄生菌 9
14kligler培地 原理 9
15不整脈  9
16角膜反射 中枢 9
17膜性骨化 8
18ソルデム 8
19ハプロ不全 疾患 8
20日本多毛 8

昨日の人気記事
 タイトル表示
1" wounds are made"  15
2kligler培地 原理 9
3kligler培地 硫化鉄 4
4ǸCαꥦ륹ΤǤ뤳ȤŦƤ֤Ƥ 4
5歳の女性。右目の疼痛、充血および霧視を主訴に来院した。眼底に異常を認めない。視力は右 0.9 (矯正不能)、左 1.2 (矯正不能)。眼圧は右 11 mmHg、左 12 mmHg。フルオレセイン染色後の前眼部写真 (別冊No. 5) を別に示す。 治療薬として適切なのはどれか。 4
6胃癌 borrmann分類 3
7回復過程 3
8ジェンドラシック法 メカニズム 3
9しょうすいたいしんけい 3
10ラリンゲルマスク ゼリー 3
11ハッセルバッハ三角 3
12白内障 grade 3
13フォンギールケ病 3
14マッコーネルサイン 3
15小児骨折 好発部位 3
16咽頭神経叢 3
17低アルドステロン症 3
18フロマン徴候 3
19オーグメンチン 販売中止 3
20クスマウル徴候 3