転移性眼内炎

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 感染性心内膜炎から転移性眼内炎を発症し, 治癒後に硝子体黄斑牽引症候群を発症した1例
  • 盛 秀嗣,山田 晴彦,石黒 利充,高橋 寛二
  • あたらしい眼科 = Journal of the eye 28(3), 411-414, 2011-03-30
  • NAID 10028247913
  • 転移性眼内炎
  • 喜多 美穂里
  • あたらしい眼科 = Journal of the eye 28(3), 351-356, 2011-03-30
  • NAID 10028247803

関連リンク

0910-1810/11/>00/頁/JCOPY(103)411《第47回日本眼感染症学会原著》あたらしい眼科28(3):411.414,2011cはじめに転移性眼内炎は,眼以外の部位にある感染巣から血行性に真菌や細菌が眼内に転移し発症する疾患である.転移 ...
《内因性眼内炎(転移性眼内炎)》 多臓器の感染病巣から血行性に病原微生物が転移します。 細菌性眼内炎では心内膜炎、肝胆道系感染症、尿路感染症、髄膜炎などが主な疾患で、真菌性眼内炎は中心静脈栄養患者に多い です。 ...

関連画像

深在性トリコスポロン症研究会 深在性トリコスポロン症研究会 17.肝外性胆道閉鎖症真菌性角膜炎,真菌性眼内炎


★リンクテーブル★
関連記事転移」「」「転移性」「眼内」「眼内炎

転移」

  [★]

腫瘍の転移

metastasis
metastatic potentialskip metastasismetastatic disease


原発 転移
リンパ節が最多。肝臓、胸膜、対側肺、副腎、心膜、骨(肋骨、椎骨)、大脳(圧迫症状出現)
遠隔転移:肺内>骨>脳>肝>副腎
小細胞癌が最も転移しやすい。
分化型:血行性に肝臓、未分化型:腹膜播種
大腸 肝臓、肺
卵巣 腹腔内播種、リンパ性転移(後腹膜)。血行性は希
腎臓 肺>骨>肝。副腎もありうる。能は多くない。
骨肉腫 肺>骨
発見時に10-20%の症例で肺転移。
  • 転移性脳腫瘍は原発巣が肺であることが最も多い、らしい。
  • 転移性の硬膜外腫瘍は原発巣が肺癌>乳癌>リンパ腫



精神医学

transference
感情転移

分子遺伝学の転移(トランスポゾン)

transposition


炎」

  [★]

  • n.
  • comb form.
  • (炎症の接尾辞)itis
炎光炎症


転移性」

  [★]

metastatic phenotypemetastaticmetastasizing
転移性形質

眼内」

  [★]

intraocularentoptic


眼内炎」

  [★]

endophthalmitis





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡