赤血球凝集反応

出典: meddic


和文文献

  • 水痘ワクチンの抗体測定における免疫粘着赤血球凝集反応法の有用性
  • 尾崎 隆男,西村 直子,後藤 研誠 [他],河邊 慎司,舟橋 恵二,白木 公康,浅野 喜造,前田 一洋,奥野 良信
  • 感染症学雑誌 : 日本伝染病学会機関誌 : the journal of the Japanese Association for Infectious Diseases 86(2), 146-148, 2012-03-20
  • NAID 10031120949
  • 弱毒ニューカッスル病ウイルスMET95株の赤血球凝集能
  • 高瀬 公三,山崎 憲一,小尾 岳士,タカセ コウゾウ,ヤマザキ ケンイチ,オビ タカシ,TAKASE Kozo,YAMAZAKI Kenichi,OBI Takashi,髙瀬 公三
  • 鹿児島大学農学部学術報告 (61), 1-5, 2011-03-00
  • 弱毒ニューカッスル病ウイルスMET95株の赤血球凝集(HA) 能について, 同弱毒ウイルスB1株あるいはVG/GA株との比較において検討した。各HA能のホルマリンによる不活化作用において差は認められなかったが, 熱(50°C) による不活化作用には差を認め, B1株のHA能は他の2株よりも早く失活した。MET95株およびB1株の感染価あるいはHA価を同じに調整した不活化ウイルス液に水酸化アルミニウ …
  • NAID 40018802840

関連リンク

赤血球凝集反応の機序 † ①第1段階(感作相):抗体が赤血球表面の抗原決定基と結合する段階。 ②第2段階(凝集相):結合抗体が赤血球間の橋渡しをして、細胞が互いに結合しあう段階 抗体の種類による差 赤血球表面はN ...
「赤血球凝集反応」とは - 免疫学用語。抗血球表面抗原抗体が複数の血球(の表面にある特異抗原)を認識することにより、赤血球どうしが結びついて凝集した密集体となる反応。

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
拡張検索受身赤血球凝集反応
関連記事血球」「赤血球」「凝集」「反応」「血球凝集

受身赤血球凝集反応」

  [★]

passive hemagglutination
受身血球凝集反応、感作赤血球凝集反応 感作血球凝集反応 sensitized hemagglutination、間接赤血球凝集反応 indirect hemagglutination
[show details]



血球」

  [★]

hemocyte, blood corpuscle, hematocyte
hemocytus
血液細胞 blood cell
血液



血球の割合

  • 下図の値から算出。
  個数(/ul)   個数(/ul) 個数(%)
赤血球 男:500万
女:450万
  5000000 95.1
白血球
 
5000-10000   7500 0.1
血小板
 
15万-35万   250000 4.8
血球 直径(μm)
前赤芽球 14~19
好塩基性赤芽球 12~17
多染性赤芽球 10~15
正染性赤芽球 8~12
赤血球 7~8.5
骨髄芽球 12~20
前骨髄球 16~23
骨髄球 12~20
後骨髄球 12~18
杆状核(好中球) 10~18
分節核(好中球) 10~16
分節核(好酸球) 13~18
分節核(好塩基球) 12~16
リンパ芽球 11~18
リンパ球 7~16
形質球 10~20
異形リンパ球 15~30
単球 13~21
巨核球(骨髄巨核球) 35~160
血小板 2~4

寿命

  • 赤血球:120日
  • 好中球:6-8時間
  • 血小板:10日
  • 形質細胞:1-3日
  • メモリー細胞:数年

血球の特徴

 
赤血球 単球 好酸球 好中球 好塩基球 リンパ球
大きさ 7~8μm 12~20μm 10~15μm 10~13μm 9~12μm 7~15μm
赤血球と比べた大きさ ------ かなり大きい 2倍以上 約2倍 2倍弱 小リンパ球は同じ程度
細胞質   アズール顆粒。
広く不規則な突起
橙赤色の粗大円形顆粒 暗紫色に染まる微細な顆粒
アズール顆粒
赤紫色の大小不同の顆粒 狭く淡い青色
  くびれ有り 2葉、眼鏡型 桿状好中球
分葉好中球
格の上にも顆粒あり 球形


  • 核小体

  • クロマチン

  • 細胞質

  • 顆粒


赤血球」

  [★]

erythrocyte (Z), red blood cell (Z), RBC
血液貧血血液像

赤血球の形状

  • 直径:7.62±0.61μm → 7-8μm
  • 厚さ:1.0-2.0μm
  • 容積:90μm3
  • 表面積:130μm2
  • 比重:1.097

分化

基準値

2007前期解剖学授業プリント
♂:420万 - 570万 (/μl)  495万±75万 x 10^6 (/μl)
♀:380万 - 550万 (/μl)  465万±85万 x 10^6 (/μl)
-2007前期生理学授業プリント
♂:450万 - 610万 /μl
♀:380万 - 530万 /μl
-PT.233
♂:500万 /mm3
♀:450万 /mm3
-異常値の出るメカニズム第5版 p.79
男:400万-700万/ul
女:350万-600万/ul
-HIM
男:430–560 x 10^4/μl
女:400–520 x 10^4/μl

寿命

  • 100-120日 → 4ヶ月


赤血球の増加

  • テストステロン、低酸素、コルチゾール、エリスロポエチン




凝集」

  [★]

agglutinationaggregationaggregateagglutinateclumpaggregate
凝集塊凝集体集合集合体凝集物アグリゲート


反応」

  [★]

(生物)response、(化学)reactionrespondreactresponsive
応答応答性反応性返答



血球凝集」

  [★]

hemagglutinationhaemagglutination
赤血球凝集




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡