赤外線

出典: meddic

infrared radiationinfrared ray
熱線 heat ray
電磁波



Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2017/04/07 21:08:49」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • Cosmic Wonder 赤外線で見た宇宙の絶景 : 低温の天体たちが織りなす魅惑の世界
  • Newton = ニュートン : graphic science magazine 36(11), 96-107, 2016-11
  • NAID 40020968285
  • ICTの利用による高齢者見守りシステム
  • 電気学会論文誌. C, 電子・情報・システム部門誌 = IEEJ transactions on electronics, information and systems 136(10), 1460-1465, 2016-10
  • NAID 40020987116
  • 構造物トリアージを可能にする赤外線非破壊検査

関連リンク

赤外線加熱 Ⅰ.赤外線の概要 2.赤外線の定義 (1) 赤外線とは 1800年にハーシェル(F.W.Herschel)が、可視スペクトルの端より長波長側に熱効果の大きい部分のあることを発見し、1835年にアンペール(A.Ampere)は、これが可視光線と同種類 ...
1.赤外線の話 1-1.赤外線とは 光の波長について、人が感知できる光線領域を可視領域、その長波長端『赤』より『外』側が赤外線領域、可視領域の短波長端『紫』より『外』側を紫外線領域といいます。またさらに、赤外線領域のなか ...

関連画像

赤外線カメラ特集 | STOKこれは赤外線測距モジュールで 真偽はともかく、この程度のも 個別「[浅田真央]」の写真  をすると赤外線カメラでバレる赤外線LEDの足にもAアノードとK


★リンクテーブル★
国試過去問102G043
リンク元infrared」「infrared ray」「infrared radiation
拡張検索近赤外線分光法」「近赤外線」「遠赤外線」「赤外線放射温度計
関連記事

102G043」

  [★]

  • 25歳の男性。流涙眼瞼腫脹とを主訴に救急外来を受診した。早朝から海釣りに行き、一日中、晴天下の洋上にいた。帰宅して午後11時を過ぎたころから両眼の痛みが現われ次第に増強してきた。流涙、両眼眼瞼腫脹および結膜の充血があり、眼を開けられなくなった。細隙灯顕微鏡検査で両眼に点状表層角膜症がみられる。
  • 原因で最も考えられるのはどれか。
[正答]
※国試ナビ4※ 102G042]←[国試_102]→[102G044

infrared」

  [★]

  • adj.
  • (理)赤外線の/赤外の。赤外線を生ずる
  • n.
  • 赤外線

WordNet   license wordnet

「having or employing wavelengths longer than light but shorter than radio waves; lying outside the visible spectrum at its red end; "infrared radiation"; "infrared photography"」

WordNet   license wordnet

「electromagnetic radiation with wavelengths longer than visible light but shorter than radio waves」
infrared light, infrared radiation, infrared emission

WordNet   license wordnet

「the infrared region of the electromagnetic spectrum; electromagnetic wave frequencies below the visible range; "they could sense radiation in the infrared"」
infrared frequency

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「赤外線の」


infrared ray」

  [★]

  • 赤外線
infrared radiation


infrared radiation」

  [★]

  • 赤外線
infrared ray


近赤外線分光法」

  [★]

near-infrared spectroscopyNIR spectroscopyNIRS
放医研、放射線医学総合研究所、近赤外分光法


近赤外線」

  [★]

near-infrared radiationnear-infrared
近赤外


遠赤外線」

  [★]

far-infrared radiationfar-infrared
遠赤外


赤外線放射温度計」

  [★]

infrared thermometer
サーモグラフィー


線」

  [★]

linestring
裏打ち系統ライン




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡
週間・日々の人気記事
最近7日間の人気記事
 タイトル表示
1user/password 20
2Jardine, A., Neville, P. J., Dent, C., Webster, C., & Lindsay, M. D. (2014). Ross River virus risk associated with dispersal of Aedes (Ochlerotatus) camptorhynchus (Thomson) from breeding habitat into surrounding residential areas: muddy lakes, Western Australia. American Journal of Tropical Medicineand Hygiene, 91(1), 101-108. doi:10.4269/ajtmh.13-0399 16
3多毛日本 12
4cefpodoxime proxetil BCS 8
5user/register 8
61,320,568,24 HTTP/1.1 8
7盲斑 7
8ラクテック 6
91,1024,768,24 HTTP/1.1 6
10ルリッシュ症候群 5
11viraldeath解剖 5
12サイズの原理 筋電図 5
13?testosterone decanoate? Britain 4
14?mesterolon? Europe 4
15メトロイリーゼ 4
16?mesterolon? Britain 4
17ヒドロキシウレア 4
18ハルトマン 4
19vitブラウザの1時間2.3時間を見る方法 4
20?mesterolon? Germany 4

昨日の人気記事
 タイトル表示
1アンドロゲン過剰症 4
2気管軟骨 3
3オマリズマブ 血清IgE値 3
4交差試験主試験 3
5スルホン酸 スルフィン酸 スルフェン酸 2
6胎児下降度 英語 2
7ジャクソンテストの表示 2
8体液量 ホルモン 2
9気管憩室 2
10マンノース6-リン酸 生命現象 2
11クッシング徴候 2
12児頭下降度 2
13皮膚割線 2
14ラセナゾリン 2
15眼白子症 2
16垂直距骨 2
17インドメタシン ファルネシル 構造 2
181,320,568,24 HTTP/1.1 2
19トルサデポアン 波形 2
20user/register 2