赤リン燃焼法

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

白リン(黄リン)、赤リン、紫リン、黒リンなどの同素体が存在する。+III(例:P4O6、六 ... 赤リンは紫リンを主成分とする白リンとの混合体で、融点590 °C、発火点260 °Cの 赤褐色の粉末である。二硫化炭素に ... 燃焼すると五酸化二リンが生成する。 4 P + 5 O 2 ...
白リンと並んで赤リンが煙幕として使用できることは第一次世界大戦のころから知られて おり、日本でも昭和初期には研究が行われていた。赤燐は安定性が高く常温の空気中 ではそのままでは燃焼しないため長年使用されていなかった。実用化されたのは1995 ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
関連記事リン」「」「燃焼」「

リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3





法」

  [★]

methodlaw
測定法測定方法訴訟方法法律学手法方式法律


燃焼」

  [★]

combustionburningcombustible
可燃性可燃物燃焼性

赤」

  [★]

rederythro
エリスロ赤色赤い



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡