赤ら顔

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • <b>黄連湯が有効であった顔面紅斑・紅潮の5例</b>
  • 再考・文学と精神医学(21)『漱石の病状』再検証(その13)症状の兆候と赤ら顔、書画と症状について

関連リンク

赤ら顔、赤アザの治療は精美スキンケアクリニックにご相談ください。当院では最新レーザーを88台利用し、赤アザ、赤ら顔を治療します。美容外科専門医による最高品質のレーザー治療で切らずに治る赤ら顔、赤アザ治療なら是非当 ...
赤ら顔やニキビ赤みの原因は体内の原因で肌の働きが低下し上半身に熱がこもり頬の赤ら顔や鼻の赤ら顔、寒暖差の赤ら顔、暖房でも赤ら顔になります。赤ら顔は赤ら顔をおこさない肌、赤ら顔をおこさない体の状態に整えて改善。
赤ら顔には大きく分けて 1・血管拡張のタイプ 2・脂肌タイプがあります 若い方 男性には2のタイプがわりと多いです 20代のかたで脂っぽい肌で にきびができやすく 赤ら顔に悩む方は 脂肌タイプの赤ら顔です この ...

関連画像

赤ら顔の症例典型的な赤ら顔。深在性の赤ら顔赤ら顔


★リンクテーブル★
国試過去問101A033
関連記事」「

101A033」

  [★]

  • 42歳の女性。赤ら顔頭重感とを主訴に来院した。3か月前から家族に顔面と手掌とが赤いと言われていた。2週前から頭重感が出現し、時々ふらつき感も感じていた。既往歴・家族歴に特記すべきことはない。意識は清明。体温36.4℃。脈拍84/分、整。血圧158/92mmHg。顔面は紅潮。眼瞼結膜と口腔粘膜とは充血している。心音と呼吸音とに異常を認めない。左肋骨弓下に脾を1cm触知する。血液所見:赤血球720万、Hb19.1g/dl、Ht60%、白血球12,600(桿状核好中球5%、分葉核好中球62%、好酸球3%、好塩基球2%、単球5%、リンパ球23%)、血小板126万。血清生化学所見:尿素窒素16mg/dl、尿酸8.6mg/dl、総ビリルビン0.8mg/dl、AST40IU/l、ALT32IU/l、LDH380IU/l(基準176~353)、Na138mEq/l、K5.2mEq/l。骨髄生検H-E染色標本を以下に示す。
  • 治療として適切なのはどれか。2つ選べ。
  • a. 脾摘術
  • b. 瀉血療法
  • c. 放射線治療
  • d. 抗癌化学療法
  • e. 抗血小板薬投与


[正答]
※国試ナビ4※ 101A032]←[国試_101]→[101A034

顔」

  [★]

facefacial
顔面直面表面向かう



赤」

  [★]

rederythro
エリスロ赤色赤い



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡