豚脂様角膜後面沈着物

出典: meddic


和文文献

  • ぶどう膜炎を合併した家族性滲出性硝子体網膜症の1例
  • 荒川 久弥/須藤 史子/能谷 紘子/堀 貞夫
  • 東京女子医科大学雑誌 82(E1), E265-E268, 2012-01-31
  • … 認めなかった.眼底は、右眼周辺に滲出斑と硝子体混濁を認めた.蛍光眼底造影検査では、右眼に網膜血管の直線化、途絶を認め、周辺部は無血管野を認めた.局所ステロイド点眼治療で経過観察中に、豚脂様角膜後面沈着物と雪玉状硝子体混濁が出現し、サルコイドーシスを疑い全身検査を行ったが有意な所見は認めなかった.患者は未熟児の既往はなく、周辺無血管野については、サルコイドーシスの静脈周囲炎による …
  • NAID 110008767989
  • 白内障術後遅発性眼内炎初診時における前眼部所見
  • 佐々木 香る,刑部 安弘,中村 真樹,園山 裕子,佐藤 智樹,川崎 勉,出田 隆一
  • あたらしい眼科 = Journal of the eye 28(3), 406-410, 2011-03-30
  • NAID 10028247892

関連リンク

また、虹彩前癒着、虹彩後癒着、虹彩・隅角結節、豚脂様角膜後面沈着物、雪玉状・ 真珠の首飾り状硝子体混濁、網膜血管周囲炎などが見られます。 眼症状出現率は 日本では60%から70%ですが、外国では20%から30%と少なく民族差がみられます。
豚脂様角膜後面沈着物や虹彩結節が認められる前部ぶどう膜炎を肉芽腫性前部 ぶどう膜といい、サルコイドーシスに特異的と考えられている。ベーチェット病など非肉芽 腫性血管炎では角膜後面沈着物は炎症細胞びまん性に沈着するがサルコイドーシスの ...

関連画像

②虹彩毛様体炎にはアトロピン 医師国家試験対策wiki 豚脂様角膜後面沈着物角膜後面沈着物診断はどれか。豚脂様角膜後面沈着物;Kp)


★リンクテーブル★
国試過去問106A014」「102A015
関連記事角膜」「沈着」「沈着物」「豚脂

106A014」

  [★]


[正答]


※国試ナビ4※ 106A013]←[国試_106]→[106A015

102A015」

  [★]

[正答]


※国試ナビ4※ 102A014]←[国試_102]→[102A016

角膜」

  [★]

cornea
眼球

発生 (L.378)

  • 発生第5週末に眼の原基は間葉に取り囲まれる
  • 水晶体の前方に空胞が形成され前眼房を形成する。これにより、前方は角膜、後方は虹彩瞳孔膜が位置することになる
  • 前方では表層外胚葉が陥入、くびきとられて角膜の上皮を形成する。
  • これにより角膜が次の3層から構成されることになる
1. 上皮細胞層:体表外胚葉由来
2. 角膜固有層:強膜と連続。おそらく中胚葉由来
3. 上皮層  :前眼房と接する。おそらく中胚葉由来


組織

角膜上皮    
Bowman膜 基底膜 コラーゲン細線維
角膜実質   コラーゲン+ムコ多糖
Descemet膜 基底膜  
角膜内膜    




沈着」

  [★]

depositiondepositdeposit
成膜析出堆積蓄積沈着物預ける


沈着物」

  [★]

deposit
析出堆積蓄積沈着預ける

豚脂」

  [★]

lard
ラード




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡