語健忘

出典: meddic

wordamnesia
喚語困難

和文文献

  • Malignant Schwannoma Metastasizing to the Dura Mater : Case Report
  • 羽井佐 利彦,KONDO Tatsuya,SHINOURA Nobusada,HARA Tetsuo,NASU Michiyo
  • Neurologia medico-chirurgica 36(7), 462-465, 1996-07-15
  • … 58才時、語健忘、失読、失算が出現し入院。 …
  • NAID 110002278819

関連リンク

病気 - ここ1・2年位前から、話をしているときに言いたい言葉が出てこなくなりました。芸能人の名前を忘れてしまうのはもちろん、単語が出てこなかったりします。 例えば「この部屋はちょっと殺風景だね」と言
健忘失語 語健忘 ともいう。物品の呼称、物品名の想起がとくに強く障害されている失語。 言語理解もよく自発言語もとくに不自由しない。ただ必要な一般名詞がスッと出てこない。 喚語の障害である。読み書きには障害はない ...
語健忘;言葉を思い出せず、発言中に言いよどみや言い換え、指示代名詞(あれ、これなど)を多用する。 理解力の低下;指示した行為を実行できない。(記憶障害や失行の事もある) 書字の困難;書けるはず の簡単な字が書けない

関連画像

收藏 20 0健忘,也是一種氣質~豁達 図3の2:健忘失語の例12. 物爆型 射手図8. 脳と発音(構音)器官とを 音 を 出す 時 ど こら 辺 から


★リンクテーブル★
国試過去問107E065
リンク元健忘失語」「wordamnesia」「喚語困難
関連記事健忘

107E065」

  [★]

  • 次の文を読み、64~66の問いに答えよ。
  • 65歳の男性。物忘れが目立つようになったことを心配した妻に伴われて来院した。
  • 現病歴:1年前から物忘れが多くなったことに妻が気付いた。本人も物忘れを多少は気にしているが、異常とは考えていない。
  • 既往歴:30年前に交通事故で頭部外傷を負ったが、頭部CTでは異常が認められなかった。
  • 生活歴:これまで税理士の仕事を大過なくこなしている。
  • 家族歴:89歳の母親が認知症と診断されている。
  • 現症:意識は清明。身長170cm、体重65kg。体温36.5℃。脈拍84/分、整。呼吸数16/分。礼節は保たれており、診察には協力的である。瞳孔は正円同大で対光反射は直接反射と間接反射とも正常である。他の脳神経に異常を認めない。四肢体幹に異常を認めない。改訂長谷川式簡易知能評価スケールは26点(30点満点)である。時計描画と透視立方体の模写とが正常に実施できる。
  • 検査所見:尿所見:蛋白(-)、糖(±)。血液検査と血液生化学検査とでアンモニアを含めて異常を認めない。頭部単純MRIで軽度の側脳室拡大が見られる。脳波は、基礎波で9ヘルツのα波であり、開眼によるα波抑制は良好である。
  • 初診から1年後の診察では次のような会話が交わされた。医師「今日はどうやって来ましたか」患者「妻と一緒にA駅から電車で来ました。B駅で降りてそこからは歩いてきました」(妻がうなずく)医師「次の言葉を繰り返して言って下さい。沖の方を客船と白い帆のヨットが走っています」患者「沖の方を(考えるようにして)船と(考えるようにして)ヨットが通っています」医師(白紙と鉛筆とキーホルダーを患者の前のテーブル上に置いて)「私の言う通りにして下さい。キーホルダーと鉛筆を入れ替えて、紙を裏返して下さい」患者(キーホルダーと鉛筆を入れ替えて、紙を裏返す。)医師(鉛筆を示して)「これは何ですか」患者「えんぺつ」医師「学校はどういうところですか」患者「勉強するところです」
  • この患者で認められるのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 107E064]←[国試_107]→[107E066

健忘失語」

  [★]

amnesic aphasia, amnestic aphasia
語健忘名辞失語 nominal aphasia失名性失語 verbale Amnesie, anomic aphasia
失語
[show details]



wordamnesia」

  [★] 語健忘健忘失語喚語困難

amnesic aphasia

喚語困難」

  [★]

word finding difficulty
語健忘 wordamnesia


健忘」

  [★]

amnesia
記憶消失記憶喪失健忘症健忘性





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡
週間・日々の人気記事
最近7日間の人気記事
 タイトル表示
1PVC波形板 82
2多毛 54
3content 37
4日常生活自立度 32
5日本多毛 23
6開散麻痺 17
7cepharexin antibiotic 17
8中隔子宮 17
9てんかん(パーソナリティ変化) 17
10ずり足 16
11ジセチアミン フルスルチアミン 16
12左室流失路狭窄症 16
13中心脳性てんかん 症状 15
140 HTTP/1.1 14
15大腿骨骨折 12
16津守式発達検査 内容 12
17難病 一覧 10
18深部脳波 9
19日本多毛视频 9
20スクシニル 9

昨日の人気記事
 タイトル表示
1多毛 16
2ジフェニルピラリン塩酸塩 8
3S. Ahmed,M. Dhar G. Mittal, N. K. Bhat N. Shirazi V. Kalra H. C. Sati V. Gupta A comparative hospital-based observational study of mono- and co-infections of malaria, dengue virus and scrub typhus causing acute undifferentiated fever European Journal of Clinical Microbiology & Infectious DiseasesApril 2016, Volume 35, Issue 4, pp 705–71 6
4肺血管抵抗 単位 6
5ゴーシェ細胞 6
6content 6
7アシュネル試験 6
8セルロースアセテート ニプロ 5
9日本多毛 5
10日常生活自立度 4
11腎杯拡張とは 4
12ソルメルコート 4
13多形癌とは 4
14段階別看護ケア 4
15無核卵子 4
16spike状の発熱 4
17牙龈图片 4
18菌体抗原 4
19じょうしょうのうどうみゃく 3
20陳旧性肺結核とは 3