訪問看護

出典: meddic

visiting nursing
在宅看護


  • 介護保険法による訪問看護:対象は、病状が安定期にあり主治医が訪問看護の必要を認めた要介護者。
  • 健康保険法による訪問看護

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2016/01/13 18:52:02」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

和文文献

  • 施設の紹介 社会福祉法人 四天王寺福祉事業団 四天王寺悲田院 訪問看護ステーション
  • 千葉県民間病院協会 医事業務勉強会(265回)8月定例医事業務勉強会報告 紙カルテのスキャニング 訪問看護師が行う注射薬の算定 70枚以上の湿布薬投与時の記載 会員による問いかけキーワード
  • 医事業務 : by-weekly medical services 23(503), 44-48, 2016-10-01
  • NAID 40020942942
  • 訪問看護実践と成果のつながりを可視化するために : 日本語版オマハシステムの開発に向けて(第5回)オマハシステムの実践における活用例 : わが国での訪問看護事例をもとに(3)ケアプラン作成後の評価

関連リンク

基本利用料 その他の負担 介護保険で訪問看護を利用する場合 毎回、他の居宅サービスと同様に費用の1~2割を負担 支払限度額を超えるサービス(訪問看護回数増など)、保険給付対象外サービスは全額自費負担 健康保険 ...
サイト要約文を記入してください。 ... 訪問看護は誰が来てくれるの? 看護師免許を持つ看護師もしくは保健師・助産師が訪問看護を行います。 また、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士が必要に応じて訪問しています。


★リンクテーブル★
国試過去問107B054」「107E040」「101H008」「102B041」「095A008」「101B003」「104E034」「107G001
リンク元居宅サービス
拡張検索指定訪問看護の事業の人員及び運営に関する基準」「訪問看護ステーション
関連記事看護」「訪問

107B054」

  [★]

  • 次の文を読み、52~54の問いに答えよ。
  • 88歳の女性。食事をとらないことを心配した家族から訪問診療の際に相談を受けた。
  • 現病歴:5年前にAlzheimer型認知症と診断された。数年前から下肢筋力が低下していた。数か月前からは長男の妻の介助だけでは車椅子乗車も不可能となり、ほとんど臥床している状態となった。通院が困難なため訪問看護と訪問診療が開始となった。長男の妻によれば「最近、食事をとらないことが多く、義歯をはめると嫌がり、むせることも多い」という。
  • 既往歴:高血圧症のため内服加療中。
  • 生活歴:夫は5年前に死亡。長男夫婦と同居。主な介護者は長男の妻である。要介護4。1日1回の訪問介護と、週に3回のデイサービスを利用している。排泄にはオムツを使用している。食事は家族の介助で摂取している。入浴はデイサービスを利用している。
  • 家族歴:特記すべきことはない。
  • 現症:身長145cm、体重30kg(1か月前の体重は32kgであった)。体温35.8℃。脈拍56/分、整。血圧92/70mmHg。呼吸数12/分。SpO2 97%(room air)。皮膚はやや乾燥している。眼瞼結膜に異常を認めない。眼球結膜に黄染を認めない。口腔粘膜に異常を認めない。甲状腺腫と頸部リンパ節とを触知しない。心尖部にII/VI度の汎収縮期雑音を聴取する。呼吸音に異常を認めない。腹部は平坦、軟で、肝・脾を触知しない。四肢に軽度の浮腫を認める。
  • 検査所見:血液所見:赤血球368万、Hb 11.9g/dl、Ht 38%、白血球5,300、血小板12万。血液生化学所見:血糖90mg/dl、総蛋白5.9g/dl、アルブミン2.9g/dl、尿素窒素25mg/dl、クレアチニン0.9mg/dl、総コレステロール186mg/dl、トリグリセリド70mg/dl、総ビリルビン0.7mg/dl、AST 20IU/l、ALT12IU/l、ALP 273IU/l(基準115~359)、γ-GTP 25IU/l(基準8~50)、CK 28IU/l(基準30~140)、Na 131mEq/l、K 3.2mEq/l、Cl 97mEq/l。
  • 患者の下痢は1週間で軽快したものの、下痢を契機に食欲は更に低下していった。認知症の進行のため患者の希望は聴取不可能であったが、家族と相談して自宅療養を続ける方針となった。
  • この患者で必要性が低いのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 107B053]←[国試_107]→[107B055

107E040」

  [★]

  • 83歳の男性。妻と2人暮らし。脳梗塞後の定期受診のため妻に伴われて診療所に来院した。5年前に脳梗塞を発症したが、ごく軽度の左片麻痺を認めるのみで、屋内はつたい歩きが可能で日常生活は自立している。要介護1であるが、介護保険サービスは屋内手すりの設置しか利用していない。趣味活動は特にない。半年前から転倒が多くなり、寝てばかりいるという。脈拍84/分、整。血圧132/88mmHg。呼吸数22/分。頭頸部に異常を認めない。胸部と腹部とに異常を認めない。見当識は保たれており、指示動作にも問題なく従える。新たな神経学的所見を認めない。座位を長く続けられず、診察時もすぐに横になりたがる。紹介した病院で頭部CTを含め精査を受けたが新たな異常は指摘されなかった。
  • 適切な対応はどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 107E039]←[国試_107]→[107E041

101H008」

  [★]

  • 21歳の男性。言動の変化を心配する両親に連れられて来院した。大学受験に失敗したころから自宅に閉じこもりがちとなり、共働きの両親が不在のときは家中のカーテンを閉ざしていた。受診前には、「近所の人が自分の悪口を言っている」、「自分の考えたことがテレビで放送されている」などと両親に訴え、独り言が目立ち、食事も満足に摂らなくなっていた。入院して1か月半後には、摂食が改善し、奇異な発言も独り言もなくなり、不活発ながらも談笑に加わるようになった。両親は退院するとまた引きこもるのではないかと心配している。
  • 今後の方針として最も適切なのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 101H007]←[国試_101]→[101H009

102B041」

  [★]

  • 74歳の男性。殿部の潰瘍を主訴に来院した。3か月前から殿部に潰瘍ができている。20年前に水泳の飛び込みで頸部を損傷し、C7以下に麻痺がある。日中は自宅で電動車椅子を自ら運転し、坐位で生活をしている。殿部の写真を以下に示す。
  • 適応とならないのはどれか。


[正答]
※国試ナビ4※ 102B040]←[国試_102]→[102B042

095A008」

  [★]

  • a. (1)(2)
  • b. (1)(5)
  • c. (2)(3)
  • d. (3)(4)
  • e. (4)(5)
[正答]


※国試ナビ4※ 095A007]←[国試_095]→[095A009

101B003」

  [★]

  • 正しいのはどれか。2つ選べ。
[正答]


※国試ナビ4※ 101B002]←[国試_101]→[101B004

104E034」

  [★]

  • a 住宅改修には利用できない。
  • b 要介等認定は65歳以上の全員に行う。
  • c 訪問看護訪問介護との併用はできない。
  • d ケアプランは利用者が自分で作ることができる。
  • e 第2号被保険者は40歳以上65歳未満を対象とする。
[正答]


※国試ナビ4※ 104E033]←[国試_104]→[104E035

107G001」

  [★]


[正答]


※国試ナビ4※ 107F031]←[国試_107]→[107G002

居宅サービス」

  [★]

介護保険法
  • 介護保険法第8条では、居宅サービスとは以下のように定めている。

指定訪問看護の事業の人員及び運営に関する基準」

  [★]

訪問看護ステーション

(管理者)

第2条

  •  指定訪問看護事業者は、指定訪問看護ステーションごとに専らその職務に従事する常勤の管理者を置かなければならない。ただし、指定訪問看護ステーションの管理上支障がない場合は、当該指定訪問看護ステーションの他の職務に従事し、又は同一敷地内にある他の事業所、施設等の職務に従事することができるものとする。
  • 2 指定訪問看護ステーションの管理者は、保健師、助産師又は看護師でなければならない。ただし、やむを得ない理由がある場合は、この限りでない。
  • 3 指定訪問看護ステーションの管理者は、適切な指定訪問看護を行うために必要な知識及び技能を有する者でなければならない。

法令

  • 指定訪問看護の事業の人員及び運営に関する基準(平成十二年三月三十一日厚生省令第八十号)
[display]//

訪問看護ステーション」

  [★]

介護保険医療保険後期高齢者医療制度訪問看護指示書


看護」

  [★]

nursingnursing carecaringcareattendancecare
看護学出席心配世話注意治療付き添い介護同情ケアケアリング感情移入


訪問」

  [★]

visitvisitcall
喚起、要求、呼ぶ来診




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール
  • is ga ar it id cy uk et nl el hr sv es sk sl sw sr th cs da de tr no hu fi fr bg vi iw be fa pl pt mk lv lt ro ru en ko cn ja


  meddic.jp

リンク
連絡