言葉のサラダ

出典: meddic

word salad, word-salad
思考滅裂、滅裂分裂性思考



UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 都築響一の夜露死苦現代詩(第11回)少年よ、いざつむえ あるいは輝ける言葉のサラダ
  • 「夢野」という言葉のサラダ
  • 大石 雅彦
  • 早稲田文学 〔第8次〕 (112), p38-66, 1985-09
  • NAID 40004303632

関連リンク

ワードサラダ. 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』. 移動: 案内, 検索. ワードサラダ(Word salad)とは、コンピュータによって自動生成された、文法は正しいが 、意味が支離滅裂である文章のこと。
2006年12月8日 ... 昭和25年生まれの友原康博氏は中学生の頃統合失調症を発症し、中学から卒業まで の一時期、集中的に詩を書き続けた。それらは統合失調症による思考障害が原因の 支離滅裂な言葉の羅列による、「言葉のサラダ」と呼ばれる症例だ。

関連画像

法律では、牛から搾り出す牛乳 心に残った言葉サラダ で 食べる 大根 だ よ と イメージ 1リ ン ご は ん


★リンクテーブル★
先読み滅裂」「分裂性思考
国試過去問102G006
リンク元連合弛緩」「思路障害
関連記事」「言葉

滅裂」

  [★]

incoherence
思考滅裂


分裂性思考」

  [★]

schizophrenic thinking


102G006」

  [★]

  • 正しいのはどれか。2つ選べ。
[正答]
※国試ナビ4※ 102G005]←[国試_102]→[102G007

連合弛緩」

  [★]

loosening of association
思路障害
  • 連合弛緩   :思考を構成する観念の間に関連が弱く、話が大体分かるがまとまりがない状態
  • 支離滅裂思考 :より関連性が弱くなり話の内容が理解不能となったもの
  • 言葉のサラダ :無関係な言葉の羅列となったもの

以下より引用:これは Google に保存されている http://queserasera31.blog40.fc2.com/ のキャッシュです。 このページは 2011年7月28日 11:21:06 GMT に取得されたものです。

[連合弛緩の具体例] 「およそ医師国家試験における有病率とは,特異度と感度をかけ合わせて,これをコホート分析によって求めるものであるが,近年における現役合格者のクリアランスの低下は馬尿酸の感受性が体制になってきたことから,黄斑回避される傾向にある。つまるところ,STEP内科のインピーダンスの上昇とともに,コンプライアンスが蓄尿されなければ,国士無双でロンベルグ徴候が現れるだろう。」


思路障害」

  [★]

思考、思考障害

PSY.47

  • 器質障害みられる
  • 統合失調症でみられる
  • 観念奔逸
  • 思考制止 though inhibition:思考が不活発なため思考が進まずに滞る状態。時間をかければ話は進んでいく。


葉」

  [★]

(植物)leafleavesplant leafplant leavesblade、(動物)lobelobusfoliagefoliar
葉状ローブ



言葉」

  [★]

word
単語




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡