解離性遁走

出典: meddic

dissociative fugue
解離性障害
http://allpsych.com/disorders/dissociative/fugue.html

Category

  • Dissociative Disorders

Etiology

  • This disorder is very rare and occurs most often during extreme stress (such as wartime or after a natural disaster).

Symptoms

  • The primary feature of this disorder is abrupt travel away from home, an inability to remember important aspects of one’s life, and the partial or complete adoption of a new identity.
  • The patient typically regains awareness after traveling to a different locale but retains no memory of the trip on the decision to embark on it. When they emerge from the fugue state, the patient is often confused and may be scared. (Q book p.415)

Treatment

  • The disorder typically dissipates on its own and it is extremely rare to last more than one month.

Prognosis

  • Prognosis is very good.

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 記憶を失った患者とのかかわりをとおして--ペプロウの看護理論を用いた展開 (日本精神科看護学会 第16回専門学会(1))
  • 梶谷 佳弘
  • 日本精神科看護学会誌 52(2), 104-106, 2009
  • NAID 40016936686
  • 解離性障害
  • 黄 〓淑,西松 能子,遠藤 俊吉
  • Journal of International Society of Life Information Science 18(2), 495-501, 2000-09-01
  • … 解離性障害の代表的な疾患として解離性健忘、解離性遁走、解離性昏迷、トランスおよび憑依障害、多重人格性障害(解離性同一性障害)などが挙げられる(ICD-10)。 … 我々が臨床場面で遭遇した解離性健忘、解離性遁走、多重人格性障害の症例を紹介したい。 …
  • NAID 110001091809
  • 8.解離性遁走の入院治療 : 母子を抱える機能(第21回 日本心身医学会中国・四国地方会 演題抄録)
  • 塚田 桃子,権 成鉉,吉田 昌平,谷平 直
  • 心身医学 38(6), 459, 1998-08-01
  • NAID 110001121699

関連リンク

解離性同一性障害と解離性障害の原因を比較できるものは国立精神・神経センター 病院からの白川美也子の2009年報告だけであるが、それを見るかぎり両者の間に有意 差はない。 なお解離性同一性障害を対象とした集計報告は多数あり、解離性同一性 障害 ...
精神疾患など:重度のアルコール乱用により、解離性遁走が誘引されることがあります。 また、うつ病(特に激越うつ病)、自殺企図、てんかんなどの器質性疾患、薬物乱用、頭 部外傷、境界性、演技性、統合失調質人格障害も、解離性遁走を引き起こしやすく ...
解離性遁走(心因性遁走) dissociative fugue. □, 家庭あるいは普段の職場から突然、 周囲の人には予期できない形で放浪に出るもの。 同時に過去を思い出せなかったり、 氏名などの個人情報が混乱していたり、まったく別人として振舞ったりする。 解離性遁走 ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
先読み解離性障害
国試過去問104A015
関連記事解離」「遁走

解離性障害」

  [★]

dissociative disorder, dissociative disorders
ヒステリー神経症性障害転換性障害


BBS. 133,135,135t

DSM-IV-TR

ICD-10

  • F44 Dissociative disorders 解離性障害, conversion disorders 転換性障害

概念

  • 意識野の狭窄、あるいは運動系または感覚系機能障害を主症状とする神経症性障害 (PSY.201)
  • 防衛機制の型により解離性障害と転換性障害にわかれる。(PSY.201)
転換性障害:葛藤やその他の心理的な問題を身体領域の症状に置き換えて(転換という防衛)現れる神経症性障害(PSY.201)
解離性障害:意識の解離(分離)を特徴とする神経症性症状(PSY.201)

解離症状

  • 心因性健忘
  • 遁走
  • Ganser症候群
  • 小児症
  • 多重人格


104A015」

  [★]

[正答]


※国試ナビ4※ 104A014]←[国試_104]→[104A016

解離」

  [★]

dissociationdissectiondetachmentunbindingmacerationdissociate
解体解剖精査切開脱離剥離分離解離性障害郭清浸軟結合解除ダイセクション解離反応遁走

精神医学

PSY.53
  • 自我の同一性の障害により出現。
  • 不安にさらされて圧倒されると心理的防衛機制が働き、適応不能に陥られないようにする。
  • 心因性の健忘遁走ガンザー症候群、小児症、多重人格などで見られる。
KPS.222
  • 情動的苦悩を避けるために、自分の人格・独自性を、一時的かつ徹底的に一部変更すること。
  • 遁走、ヒステリー転換反応はよく見られる解離の現象。
  • 対抗恐怖的振る舞い、解離性同一性障害、薬物使用による高揚感、宗教的歓喜などでも見られる

参考

  • 1. 解離症状の実例
[display]http://www2.wind.ne.jp/Akagi-kohgen-HP/dissociation_example.htm
  • 2. wiki ja
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A7%A3%E9%9B%A2_%28%E5%BF%83%E7%90%86%E5%AD%A6%29



遁走」

  [★]

fugue
フーグ
解離性遁走
  • Q book p.404 5




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡