覚せい剤取締法

出典: meddic

Stimulants Control Law
覚醒剤取締法
覚醒剤薬物濫用


(この法律の目的)

第1条

  • この法律は、覚せい剤の濫用による保健衛生上の危害を防止するため、覚せい剤及び覚せい剤原料の輸入、輸出、所持、製造、譲渡、譲受及び使用に関して必要な取締を行うことを目的とする。

法令


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/09/30 00:55:18」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 実務刑事判例評釈(case 214)覚せい剤取締法違反事件について,弁護人の接見希望に対する警察官の対応につき,被告人の弁護人との接見交通権を侵害する違法があるが,その後の採尿手続につき重大な違法があるとまではいえないとし,尿の鑑定書に証拠能力を認めた事例[東京地裁平成23.12.21判決]
  • 元検察行のキャンパスノート(No.41)覚せい剤取締法違反(その5)製造
  • 元検察官のキャンパスノート(No.40)覚せい剤取締法違反(その4)輸入

関連リンク

2 この法律で「覚せい剤製造業者」とは、覚せい剤を製造すること(覚せい剤を精製すること、覚せい剤に化学的変化を加え、又は加えないで他の覚せい剤にすること、及び覚せい剤を分割して容器に収めることを含む。
No. 職業 判決 求刑(備考) 罪名 管轄裁判所 日付 *259 無職 裁判員 懲役11年6月 罰金500万円 求刑懲役14年 罰金700万円 覚せい剤取締法違反(営利目的輸入)などの罪 千葉地裁 2013/10/01 244 女子大生 裁判員 無罪 求刑懲役8年

関連画像

覚せい剤取締法違反」に関 覚せい剤取締法覚せい剤取締法』の画像を 覚せ い 剤 取締 法覚せい剤取締法違反と大麻取締 覚せい剤取締法違反容疑のASKA


★リンクテーブル★
先読み薬物濫用」「覚醒剤取締法
リンク元特定化学物質の環境への排出量の把握等及び管理の改善の促進に関する法律」「麻薬中毒」「覚醒剤
関連記事」「せい

薬物濫用」

  [★]

drug abuse, substance abuse
薬物乱用
薬物依存、薬物嗜癖、物質乱用物質依存症薬物使用接着剤吸引


薬物使用が身体に及ぼす効果

  • 濫用 substance abuse:a pattern of abnormal substance use that leads to impairment of occupational, physical, or social functioning(BBS.73)
  • 依存 substance dependence:ub stance abuse puls withdrawal symptoms, tolerance, or a pattern of repetitive use(BBS.73)
  • 離脱 withdrawal:the development of physical or pschological symptoms after the reduction or cessation of intake of a substance(BBS.73)
  • 耐性 tolerance:the need for increased amounts of the substance to achieve the same positive psychological effect(BBS.73)
  • 交差耐性 cross-tolerance:the development of tolerance to one substance as the result of using another substance(BBS.73)

薬物

  • コカイン cocaine crack freebase 精神依存有り。身体依存無し 精神依存生じやすい。耐性発現殆ど無し コカ

精神依存、身体依存

  精神依存 身体依存
コカイン、アンフェタミン類(アンフェタミン、メチルフェタミン)、大麻  
麻薬(モルヒネヘロインコデイン)、バルビツール酸系(フェノバルビタールチオペンタール)、アルコール



覚醒剤取締法」

  [★]

Stimulants Control Law

特定化学物質の環境への排出量の把握等及び管理の改善の促進に関する法律」

  [★]

Template:日本の法令

特定化学物質の環境への排出量の把握等及び管理の改善の促進に関する法律(とくていかがくぶっしつのかんきょうへのはいしゅつりょうのはあくとうおよびかんりのかいぜんのそくしんにかんするほうりつ;平成11年法律第86号)は、日本の法律。略称は、化学物質排出把握管理促進法化管法PRTR法。1999年7月13日公布、一部の規定を除き2000年3月30日施行

目的

環境の保全に係る化学物質の管理に関する国際的協調の動向に配慮しつつ、化学物質に関する科学的知見及び化学物質の製造、使用その他の取扱いに関する状況を踏まえ、事業者及び国民の理解の下に、特定の化学物質の環境への排出量等の把握に関する措置並びに事業者による特定の化学物質の性状及び取扱いに関する情報の提供に関する措置等を講ずることにより、事業者による化学物質の自主的な管理の改善を促進し、環境の保全上の支障を未然に防止することを目的とする(第1条)。

内容

この法律は、政令で指定された化学物質を取り扱う事業者が、指定化学物質の環境への排出量・移動量を把握し、国に届け出ることにより、環境あるいは人体に有害な化学物質がどのような発生源からどのくらい環境へ排出・移動されたか、というデータを集計し、公表する仕組みである。PRTR制度(Pollutant Release and Transfer Register 制度)、PRTR法化管法などとも呼称される制度である。

指定化学物質を製造、移動あるいは使用する事業者は毎年一回、都道府県を窓口にして国へ報告する義務を負っている。この届出の対象になるのは政令で定められた、「第一種指定化学物質」と「第二種指定化学物質」のうち、「第一種指定化学物質」の354物質である(2004年11月現在)。

また、当該製品を販売する場合には販売先にMSDS (Material Safety Data Sheet) を添付することも義務付けられている。この対象となるのは、政令で定められた、「第一種指定化学物質」と「第二種指定化学物質」の合わせて435物質である。

対称物質は特定化学物質の環境への排出量の把握等及び管理の改善の促進に関する法律における特定化学物質の一覧を参照。

制定の背景

1974年にオランダで開始されたIEI制度がその原型であり、1986年にはアメリカ合衆国でTRI制度として、整備が進められた。

1992年の環境と開発に関する国際連合会議において採択された、アジェンダ21には、各国政府が化学物質の管理において果たすべき役割が述べられている。この中の一つが、PRTR制度である。

1996年に経済協力開発機構(OECD)は、アジェンダ21をうけて、加盟各国政府にPRTR制度の導入についての勧告を行った。

日本においては、OECD勧告を受け、環境庁(現:環境省)及び通商産業省(現:経済産業省)が共同して法制化し、1999年(平成11年)に「特定化学物質の環境への排出量の把握等及び管理の改善の促進に関する法律」(化管法)を成立させた。

構成

  • 第1章 - 総則(第1条~第4条)
  • 第2章 - 第一種指定化学物質の排出量等の把握等(第5条~第13条)
  • 第3章 - 指定化学物質等取扱事業者による情報の提供等(第14条~第16条)
  • 第4章 - 雑則(第17条~第23条)
  • 第5章 - 罰則(第24条)
  • 附則

主務官庁

経済産業省 環境省
内閣府 財務省 (日本) 文部科学省 厚生労働省 農林水産省 国土交通省

主な業務は、経済産業省及び環境省でおこなっているが、化学物質を取扱う事業者の行う事業を所管する官庁も所轄している。

外部リンク

他の主要な化学物質規制法令

麻薬中毒」

  [★]

addiction
narcotic addiction, narcomania
麻薬麻薬嗜癖依存麻薬取締法麻薬及び向精神薬取締法覚せい剤取締法
ICD-10
F11.2
アヘン類使用による精神及び行動の障害,依存症候群


覚醒剤」

  [★]

psychostimulant, stimulant drug, antihypnotic, wake amine
覚醒アミン覚せい剤
覚せい剤取締法薬物濫用覚醒剤精神病



法」

  [★]

methodlaw
測定法測定方法訴訟方法法律学手法方式法律

せい」

  [★]

due to
原因、ために




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡