視床下部性下垂体機能低下症

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 発症4年経過観察したリンパ球性漏斗神経葉炎の1症例
  • 川嶋 詳子,向阪 彰,照井 健,二川原 健,柿崎 善史,須田 俊宏
  • 日本内科学会雑誌 91(10), 3048-3050, 2002-10-10
  • … に無月経を認め,頭部MRIにてトルコ鞍から鞍上部へ進展する腫瘤性病変を認めた.当院脳外科にて経蝶形骨洞的手術による生検を行いリンパ球性漏斗神経葉炎の診断が得られた.内分泌学的検査では視床下部性下垂体機能低下症を認め,ホルモン補充療法が開始された.その後,腫瘤性病変は自然退縮し,部分的な下垂体前葉系の機能の改善が認められたが, 4年後の機能評価にても完全な改善は認められず,補充療法を中止でき …
  • NAID 10011015699

関連リンク

下垂体機能低下症とは、下垂体ホルモンの分泌が病的に低下した状態をいい、 それぞれのホルモンの分泌低下を反映する症状が出現します。初発症状 ... 腫なども 視床下部などを侵す場合は、視床下部性の下垂体機能低下症の原因となります。 近年 注目され ...
2011年8月31日 ... 病因は、下垂体自体の障害と、下垂体ホルモンの分泌を制御する視床下部の障害、 および両者を連結する下垂体茎部の障害に分類される。 ... すべての前葉ホルモン分泌 が障害されているものを汎下垂体機能低下症、複数のホルモンが種々の程度に障害 されているものを部分型下垂体機能低下症と呼ぶ。 ... TSH: 耐寒性低下や除脈などの 甲状腺機能低下症状を呈するが、原発性と比較して軽度であることが多い。

関連画像

 ・ 甲状腺機能低下症 も悪化 機能低下症・TSH産生下垂体腺腫V:TSH、TRH分泌:血中  視床下部、下垂体・副腎皮質


★リンクテーブル★
リンク元副腎皮質刺激ホルモン放出ホルモン試験
関連記事視床」「下垂体」「視床下部」「機能」「機能低下

副腎皮質刺激ホルモン放出ホルモン試験」

  [★]

corticotropin-releasing hormone test, CRH test
CRH試験CRH負荷試験CRH負荷テスト
クッシング病クッシング症候群


判定

  ACTH コルチゾール  
クッシング病 ↑↑(過大反応)   下垂体のACTH分泌能が亢進している
クッシング症候群(クッシング病以外) 無反応   過剰のコルチゾールにより下垂体が抑制されている
   
視床下部性下垂体機能低下症   CRHが欠損or少ないだけで下垂体はintact
ACTH単独欠損症 無反応 無反応 下垂体機能↓
下垂体前葉機能低下症 無~低反応 無~低反応 下垂体機能↓



視床」

  [★]

thalamus
  • 図:N.105 B.41 KL.719

機能 (KL.719-722)

  視床核 入力 出力 関連している機能
1 視床前核 AP 乳頭体 帯状回 大脳辺縁系の一部
  前背側核 A      
  前腹側核 AV      
  前内側核 AM      
2 視床内側核 M 視床核 視床下部前頭葉 情動の体験・情動の具現
3 視床外側核 LT      
  背側外側核 LD 帯状回帯状回情動の発現
  後外側核 LP 頭頂葉連合野頭頂葉連合野高等な精神作用と関連
  前腹側核 VA 淡蒼球 前頭葉運動前野 運動系と関連
  外側腹側核 VL 小脳歯状核 前頭葉運動野運動前野 運動系と関連
  後外側腹側核 VPL 体性感覚(下肢~上肢) 頭頂葉の感覚野  
  後内側腹側核 VPM 体性感覚(頭部) 頭頂葉の感覚野  
4 視床後核   上丘側頭葉頭頂葉後頭葉 側頭葉頭頂葉後頭葉 視覚、聴覚、体性感覚

解剖 (KL.719-722)

7.中心正中核 8.視床網様核




下垂体」

  [★]

pituitary gland (Z), hypophysis (Z)
glandula pituitaria
脳下垂体
  • 図譜では矢状断のものしか載っていないが、前頭断で見ると意外に横に長い、みたい。

発生学(L.413)

  • 胎生第4週に下垂体前葉と下垂体後葉が接する。Rathke嚢の細胞は、活発に分裂して前葉を形成し、内腔は殆ど閉鎖する。成人ではコロイドを満たした小嚢胞として前葉と後葉の間に認められる。


画像

  • MRI T1:(高信号)下垂体後葉 > 下垂体前葉   ←  脂肪濃度を反映しているのですかね?軸索が多いでしょ?




視床下部」

  [★]

hypothalamus (KH)
視床下部下垂体系
  • 翼板の下部を形成する視床下部は多数の核域に分化し、睡眠、消化、体温、および情緒行動のような内臓機能調節中枢として役立つ。乳頭体はこの核域の一つ (L.413)






機能」

  [★]

関数官能基機能性機能的作動手術操作官能性機能上運用操縦




機能低下」

  [★]

機能低下症機能不全低機能活動性低下




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡