補酵素

出典: meddic

coenzyme
コエンザイム助酵素
[[]]



Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/06/08 11:58:31」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 9.ジオールデヒドラターゼの活性維持システムによる補欠分子族型補酵素のリサイクリング(第431回研究協議会研究発表要旨,ビタミンB研究委員会)
  • 田野口 亜耶,山崎 藍,小倉 謙一,中村 雄大,飛松 孝正,虎谷 哲夫
  • ビタミン 87(5・6), 291, 2013-06-25
  • NAID 110009612901
  • 2-II-5 ビタミンB_<12>補酵素関与エタノールアミンアンモニアリアーゼの基質結合アミノ酸残基の機能解析(一般演題要旨,第65回大会講演要旨)
  • 森 光一,大岩 敏宏,高橋 佑典,近藤 恭介,世良 貴史,虎谷 哲夫
  • ビタミン 87(4), 242, 2013-04-25
  • NAID 110009604778
  • 2-II-3 ラット脳における補酵素型ビタミンB_<12>の日内変化(一般演題要旨,第65回大会講演要旨)
  • 竹中 重雄,伊佐 桃子,梶村 俊介,森田 大樹,田舞 理央,田中 勝啓,小森 雅之,桂 博美,渡辺 文雄,中野 長久
  • ビタミン 87(4), 241, 2013-04-25
  • NAID 110009604776

関連リンク

酵素にとって欠かせないパートナー、補酵素についてご紹介。人間の体の中で消化や代謝に重要な働きをします。 ... ビタミンB1 糖をエネルギーに変えるのに必要 たらこ、大豆、ニンニク、ネギなどに含まれる。 ビタミンB2 脂肪を ...
補酵素(ほこうそ、英: coenzyme )は、酵素反応の化学基の授受に機能する低分子量の有機化合物である。コエンザイム、コエンチーム、助酵素などとも呼ばれる。 一般に補酵素は酵素のタンパク質部分と強い結合を行わず可逆的に解離 ...

関連画像

補酵素 補酵素 は 酵素 反応 の  をサポートする「補酵素の活きた「酵素」と「補酵素 酵素の働きを助ける補酵素の ビタミンB群の特徴|補酵素還元型 補酵素 R型αリポ酸


★リンクテーブル★
リンク元coenzyme
拡張検索アセチル補酵素A」「NADH-補酵素Qオキシドレダクターゼ」「マロニル補酵素A」「アセチル補酵素A合成酵素」「モリブデン補酵素欠損症
関連記事酵素

coenzyme」

  [★] 補酵素

WordNet   license wordnet

「a small molecule (not a protein but sometimes a vitamin) essential for the activity of some enzymes」


アセチル補酵素A」

  [★]

acetyl-coenzyme A, acetyl coenzyme Aacetyl-CoA, acetyl CoA
アセチルCoAアセチルコエンザイムAアセチル-CoAアセチル-補酵素A
補酵素A


NADH-補酵素Qオキシドレダクターゼ」

  [★]

[[]]
複合体I、NADH-CoQレダクターゼ
[[]]
  • 分子量850kDa
  • 1分子のフラビンモノヌクレオチド FMNと6-7個の鉄-硫黄クラスターを有する


マロニル補酵素A」

  [★]

malonyl-coenzyme Amalonyl-CoA
マロニルCoAマロニル-CoAマロニルコエンザイムA


アセチル補酵素A合成酵素」

  [★]

acetyl-coenzyme A synthetase
アセチルCoA合成酵素


モリブデン補酵素欠損症」

  [★]

molybdenum cofactor deficiency
モリブデン


酵素」

  [★]

enzyme, ferment
酵素反応

酵素の分類

  • (a)酸化還元酵素(oxydoreductase) EC1:ある物質を酸化したり、還元したりします。脱水素酵素、ペルオキシダーゼなどを含みます。
  • (b)転移酵素(transferase) EC2: アミノ基やリン酸基などをある物質から別の物質に転移する酵素です。アミノ基を転移する酵素はアミノトランスフェラーゼと呼ばれます。
  • (c)加水分解酵素(hydrolase) EC3:ある物質(基質)に水(H2OのうちHとOH)を加えることにより、2つに分解します。多くの蛋白分解酵素が含まれます。
  • (d)リアーゼ(lyase) EC4:ある物質を2つに分解します。
  • (e)イソメラーゼ(isomerase) EC5:ある基質を異性体に変換します。
  • (f)リガーゼ(ligase) EC6;ATPのエネルギーを使って2つの物質を結合します。







★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡