血管裂孔

出典: meddic

vascular lacuna, lacuna of vessels
lacuna vasorum
筋裂孔


構造物



↓名称の記載はない


Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

すなわち外側の筋裂孔Lacuna musculorumと内側の血管裂孔Lacuna vasorumとで ある.筋裂孔は小転子にいたるまでまわりが閉ざされているのであって,この裂孔を腸 腰筋および大腿神経が通るが,一方血管裂孔を大腿動静脈ならびにリンパ管が通って ...
①外腸骨動脈:仙腸関節の前から鼠径靭帯の下の血管裂孔に至までの部で、その走行 中内側に外腸骨静脈を伴いつつ大腰筋の ... ④大腿動脈:外腸骨動脈の続きで血管 裂孔から大腿の前側に出て、腸恥窩及び内転管を経て内転筋腱裂孔に至までの部を ...

関連画像

 词: 静脉 裂孔 saphenous hiatus视网膜裂孔或玻璃体剥离拉断 そして筋裂孔は、ほとんどの 裂 孔 膜 拉链 状 突起 内 微 丝


★リンクテーブル★
リンク元腸恥筋膜弓」「大腿鞘」「筋裂孔」「大腿管
関連記事血管」「裂孔

腸恥筋膜弓」

  [★]

iliopectineal arch (KL,K)
血管裂孔筋裂孔


大腿鞘」

  [★]

femoral sheath (M)
血管裂孔

筋裂孔」

  [★]

muscular lacuna (K)
lacuna musculorum
血管裂孔
  • 図:KH.200

ここを通る構造物


大腿管」

  [★]

femoral canal
canalis femoralis
血管裂孔大腿鞘


血管」

  [★]

blood vessel, blood vessels
  • 図:M.28

構造

  • 内皮細胞(単層扁平上皮細胞)
  • 基底板
  • 内皮下結合組織(内皮下層 subendothelial layer):疎性結合組織、縦走平滑筋
  • 内弾性板
  • 結合組織に移行

動脈 内膜 中膜 外膜
弾性血管 内皮細胞(ワイベル・パラーデ小体を含む)
基底板
内皮下層(少数の線維芽細胞、散在する平滑筋細胞膠原線維)
不完全な内弾性板
40-70層の有窓性弾性板
弾性板の間に存在する平滑筋細胞
薄い弾性板
外半分には脈管栄養細胞が分布
線維・弾性結合組織
脈管栄養血管
リンパ管
神経細胞
筋性動脈 内皮細胞(ワイベル・パラーデ小体を含む)
基底板
内皮下層(少数の線維芽細胞、散在する平滑筋細胞膠原線維)
厚い内弾性板
40層に及ぶ平滑筋細胞層
厚い外弾性板
薄い線維・弾性結合組織
脈管栄養血管は著明でない
リンパ管
神経線維
細動脈 内皮細胞(ワイベル・パラーデ小体を含む)
基底板
内皮下層:目立たない
内弾性板はなく、弾性線維がある
1-2層の平滑筋細胞 疎性結合組織
神経線維

分類



裂孔」

  [★]

hiatusesophageal hiatushiatal
食道裂孔




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡