血管内悪性リンパ腫

出典: meddic

intravascular malignant lymphoma IML
悪性リンパ腫
[show details]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 症例報告 亜急性意識障害で発症したアジア亜型血管内リンパ腫の1剖検例
  • 神田 枝理子,仁科 拓也,村西 寛実 [他]
  • 臨床神経学 51(10), 751-755, 2011-10-00
  • NAID 40019031122
  • 臨床室 副腎に結節性浸潤を形成し脊髄症状を呈した血管内悪性リンパ腫の1例
  • 戸野 祐二,波頭 経俊,山田 邦雄
  • 整形外科 62(1), 29-32, 2011-01-00
  • NAID 40017440206

関連リンク

2006年10月10日 ... 悪性リンパ腫の病理診断は、患者さんから採取された検体をもとに、病理医によって なされます。臨床の医師は患者さんと会っ ..... 血管内腔(けっかんないくう)の中で増殖 するリンパ腫細胞が観察されます(図表48)。比較的高齢者に多く、がん ...
一般的には慢性的な経過を示す病気で、紫外線療法、放射線療法、化学療法など. の 治療が行われてきましたが、決め手となる治療法がないのが現状です。 f.血管内に 発生するリンパ腫. 血管内で増殖し、腫瘤を形成する事が稀な悪性リンパ腫で、臨床 症状は ...

関連画像

2)濾胞性リンパ腫血管内大細胞型B細胞リンパ腫 悪性リンパ腫Update大 顆粒 リンパ球 性 リンパ 腫 非ホジキンリンパ腫2


★リンクテーブル★
先読み悪性リンパ腫
リンク元IML」「血管内リンパ腫」「intravascular malignant lymphoma
拡張検索血管内悪性リンパ腫症
関連記事血管」「リン」「血管内」「」「リンパ

悪性リンパ腫」

  [★]

malignant lymphoma
lymphoma malignum

悪性リンパ腫とマーカー

悪性リンパ腫.xls
  sIg CD5 CD10 CD19 CD20 CD23 CD43 bcl cyclin TdT その他 転座
小リンパ性リンパ腫 small lymphocytic lymphoma
慢性リンパ性白血病 chronic lymphocytic leukemia
       
濾胞性リンパ腫 FL
 
      bcl2 +      
MALTリンパ腫
 
                 
マントル細胞リンパ腫 MCL
 
             
びまん性大細胞性B細胞リンパ腫 DLBL
 
+/-     bcl6 +        
前駆Bリンパ芽球性リンパ腫
急性Bリンパ球性白血病 LBL/ALL
                 
バーキットリンパ腫 BL
 
          Myc, Ki-67 t(8,14)Myc;IgH ~80%
t(2,8)κ;Myc ~15%
ホジキンリンパ腫
 
                    CD15, CD30, CD45 - t(8,22)Myc;λ ~10%
成人T細胞白血病 ATL
 
                    CD2, CD3, CD4, CD25, HLA-DR, CD8 -  

病期

参考

  • 1.
http://www.rinpashu.com/inspection/

国試




IML」

  [★]

血管内リンパ腫」

  [★] 血管内悪性リンパ腫


intravascular malignant lymphoma」

  [★] 血管内悪性リンパ腫

血管内悪性リンパ腫症」

  [★]

intravascular malignant lymphomatosis
脊髄症


血管」

  [★]

blood vessel, blood vessels
  • 図:M.28

構造

  • 内皮細胞(単層扁平上皮細胞)
  • 基底板
  • 内皮下結合組織(内皮下層 subendothelial layer):疎性結合組織、縦走平滑筋
  • 内弾性板
  • 結合組織に移行

動脈 内膜 中膜 外膜
弾性血管 内皮細胞(ワイベル・パラーデ小体を含む)
基底板
内皮下層(少数の線維芽細胞、散在する平滑筋細胞膠原線維)
不完全な内弾性板
40-70層の有窓性弾性板
弾性板の間に存在する平滑筋細胞
薄い弾性板
外半分には脈管栄養細胞が分布
線維・弾性結合組織
脈管栄養血管
リンパ管
神経細胞
筋性動脈 内皮細胞(ワイベル・パラーデ小体を含む)
基底板
内皮下層(少数の線維芽細胞、散在する平滑筋細胞膠原線維)
厚い内弾性板
40層に及ぶ平滑筋細胞層
厚い外弾性板
薄い線維・弾性結合組織
脈管栄養血管は著明でない
リンパ管
神経線維
細動脈 内皮細胞(ワイベル・パラーデ小体を含む)
基底板
内皮下層:目立たない
内弾性板はなく、弾性線維がある
1-2層の平滑筋細胞 疎性結合組織
神経線維

分類



リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3





血管内」

  [★]

intravascularendovascularintravascularlyendovascularly
静脈内


腫」

  [★]

がん腫瘍腫瘤良性新生物


リンパ」

  [★]

lymph (Z)
lympha
淋巴
リンパ節




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡