血球凝集性脳脊髄炎ウイルス

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 豚赤血球凝集性脳脊髄炎ウイルス検出のためのRTおよびnested PCR法の開発(ウイルス学)
  • 関口 佳子,白井 淳資,谷口 隆秀 [他],本多 英一
  • The journal of veterinary medical science 66(4), 367-372, 2004-04-25
  • … 豚赤血球凝集性脳脊髄炎ウイルス(HEV)は,哺乳豚に脳脊髄炎症状や嘔吐・衰弱を引き起こす急性伝染病の原因ウイルスであり,3週齢までの哺乳豚が感染するとその致死率はほぼ100%であるが,母豚からの移行抗体によって発症を免れている.ところが,近年になってSPF豚の生産が盛んになり,HEVに対する抗体と持たない豚を導入する機会が増える可能性が高くなった.そのため,迅速で簡便にHEVを検出できる方法として,RTおよびnested …
  • NAID 110003886414
  • 血球凝集性脳脊髄炎ウイルス(HEV)の無血清培養FS-L3細胞での中和反応(短報)
  • 佐々木 郁子,上總 慶則,白井 淳資 [他],谷口 隆秀,本多 英一
  • The journal of veterinary medical science 65(3), s・x, 381-383, 2003-03-25
  • … 無血清培地で培養した豚腎由来株化細胞FS-L3細胞を豚血球凝集性脳脊髄炎ウイルス(HEV)の増殖およびHEVの中和反応に用いた.豚,ラット,牛および犬の血清にはHEVに対する中和反応がみられた.一方高いHI活性がみられたマウス,兎,山羊,馬,猫,鶏,ハムスター,人の血清では中和反応はみられなかった.このことから中和試験はHI試験に比べHEVの豚への蔓延を確認するより信頼できる反応であることが判った. …
  • NAID 110003947937

関連リンク

4.ブタ血球凝集性脳脊髄炎. ブタ血球凝集性脳脊髄炎ウイルスの感染によって起こる 病気で脳脊髄炎を示す型と嘔吐・衰弱を主徴とする型の2つの病型を持つ。いずれの病 型も若齢豚で起こりやすく、成豚では不顕性か軽い症状のことが多い。北米や欧州各国 で ...

関連画像

本HP写真の無断転写を禁止 図1 コロナウイルスの系統樹このページの先頭へ↑


★リンクテーブル★
拡張検索ブタ血球凝集性脳脊髄炎ウイルス
関連記事血球」「ウイルス」「脊髄」「凝集」「凝集性

ブタ血球凝集性脳脊髄炎ウイルス」

  [★]

porcine hemagglutinating encephalomyelitis virus
コロナウイルスコロナウイルス科

血球」

  [★]

hemocyte, blood corpuscle, hematocyte
hemocytus
血液細胞 blood cell
血液



血球の割合

  • 下図の値から算出。
  個数(/ul)   個数(/ul) 個数(%)
赤血球 男:500万
女:450万
  5000000 95.1
白血球
 
5000-10000   7500 0.1
血小板
 
15万-35万   250000 4.8
血球 直径(μm)
前赤芽球 14~19
好塩基性赤芽球 12~17
多染性赤芽球 10~15
正染性赤芽球 8~12
赤血球 7~8.5
骨髄芽球 12~20
前骨髄球 16~23
骨髄球 12~20
後骨髄球 12~18
杆状核(好中球) 10~18
分節核(好中球) 10~16
分節核(好酸球) 13~18
分節核(好塩基球) 12~16
リンパ芽球 11~18
リンパ球 7~16
形質球 10~20
異形リンパ球 15~30
単球 13~21
巨核球(骨髄巨核球) 35~160
血小板 2~4

寿命

  • 赤血球:120日
  • 好中球:6-8時間
  • 血小板:10日
  • 形質細胞:1-3日
  • メモリー細胞:数年

血球の特徴

 
赤血球 単球 好酸球 好中球 好塩基球 リンパ球
大きさ 7~8μm 12~20μm 10~15μm 10~13μm 9~12μm 7~15μm
赤血球と比べた大きさ ------ かなり大きい 2倍以上 約2倍 2倍弱 小リンパ球は同じ程度
細胞質   アズール顆粒。
広く不規則な突起
橙赤色の粗大円形顆粒 暗紫色に染まる微細な顆粒
アズール顆粒
赤紫色の大小不同の顆粒 狭く淡い青色
  くびれ有り 2葉、眼鏡型 桿状好中球
分葉好中球
格の上にも顆粒あり 球形


  • 核小体

  • クロマチン

  • 細胞質

  • 顆粒


ウイルス」

  [★]

virus
ウイルス粒子 virus particleビリオン virion
微生物学抗ウイルス薬国試に出がちなウイルス

ウイルス一覧

感染経路による分類 SMB.374

呼吸器粘膜の局所感染 ライノウイルス
アデノウイルス
コロナウイルス
RSウイルス
インフルエンザウイルス
全身感染 ムンプスウイルス
麻疹ウイルス
風疹ウイルス
ハンタウイルス
水痘・帯状疱疹ウイルス
ラッサウイルス
天然痘ウイルス

学名

目(order, -virales), 科(family, -viridae), 亜科(subfamily, -virinae), 属(genus, -virus), 種(species)

増殖過程

  • 吸着 absorption
  • 侵入 penetration
  • 脱殻 uncoating
  • ゲノムの複製 replication、遺伝子発現 transcription
  • ウイルス粒子の組み立て assembly
  • 放出 release

感染の分類

持続時間

  • 急性感染
  • 慢性感染

ゲノム

  • 一本鎖RNA(-)をゲノムとするウイルスはウイルス粒子内にRNA依存性RNA合成酵素を有する。




脊髄」

  [★]

spinal cord (M)
medulla spinalis









  • 成人の脊髄は大後頭孔からL1-L2の椎骨まで達する (M.279)

解剖



凝集」

  [★]

agglutinationaggregationaggregateagglutinateclumpaggregate
凝集塊凝集体集合集合体凝集物アグリゲート


凝集性」

  [★]

aggregabilityaggregatedcohesiveagglutinative
塊状接着性、粘着性




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡