血栓除去術

出典: meddic

thrombectomy
血栓除去血栓摘出術

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 上腸間膜動静脈双方からの血栓溶解療法を施行した門脈・上腸間膜静脈血栓症の1例
  • 佐々木 省三,上田 順彦,中野 達夫,浦出 雅昭
  • 日本消化器病學會雜誌 = The Japanese journal of gastro-enterology 108(1), 59-67, 2011-01-05
  • … 症例は61歳男性.門脈・上腸間膜静脈血栓症の加療のため入院した.腸管壊死の兆候はなくIVR治療を選択した.カテーテル吸引による血栓除去術と上腸間膜動静脈双方からの血栓溶解療法を施行することで血栓は縮小し,症状の増悪もなく退院した.本疾患で腸管壊死がない場合は,腸管壊死を回避することが肝要であり,上腸間膜動静脈から可能なIVR治療を一期的に行った本治療法が治療成績を向上させる可能性があ …
  • NAID 10027867403
  • 両頸部深部静脈血栓症に対して緊急血栓除去術を要した1例
  • 濱本 正樹
  • 日本血管外科学会雑誌 = The Japanese journal of vascular surgery : official journal of the Japanese Society for Vascular Surgery 19(7), 767-771, 2010-12-25
  • NAID 10027674928

関連リンク

Dr. Fogartyによって開発され、1963年に発売されて以来、血栓除去術の最も基本的な 治療デバイスとして広く用いられています。 動脈内の塞栓除去用に設計されて、動脈系 血管からの柔らかい赤色血栓に適応します。 挿入後、塞栓物質の遠位でバルーンを ...
手術 - 33 -. 動脈血栓除去術は、本区分により算定する。 K609-2 経皮的頸動脈 ステント留置術. 経皮的頸動脈ステント留置術を行う場合は、総頸動脈又は内頸動脈に ステントを留置した際. の血栓の移動に対する予防的措置を同時に行うこと。 K610-2 脳 ...

関連画像

血栓除去術血栓除去術 に対する機械的血栓除去術肺動脈血栓除去術血栓溶解術・血栓除去術(図5


★リンクテーブル★
先読みthrombectomy
国試過去問102D010」「102G033
リンク元血栓摘出術
関連記事血栓」「」「血栓除去

thrombectomy」

  [★]


WordNet   license wordnet

「surgical removal of a blood clot (thrombus) from a blood vessel」

102D010」

  [★]

[正答]


※国試ナビ4※ 102D009]←[国試_102]→[102D011

102G033」

  [★]

  • 腹部大動脈瘤の治療法はどれか。2つ選べ。
[正答]


※国試ナビ4※ 102G032]←[国試_102]→[102G034

血栓摘出術」

  [★]

thrombectomy
血栓除去血栓除去術


血栓」

  [★]

thrombus, thrombi TH
血栓症


分類

  • 白色血栓
  • 赤色血栓
  • 混合血栓

心筋梗塞における血栓

  • ST上昇型急性冠症候群の症例ではフィブリンと赤血球主体の赤色血栓が認められ、非ST上昇型急性冠症候群で心筋トロポニンが上昇した症例では血小板主体の白色血栓が存在していることが明らかとなった。

参考文献

  • 岡松健太郎1 清野精彦1 水野杏一2, 血管内視鏡を用いた急性冠症候群の洞察(II),日医大医会誌2009; 5(1)
1日本医科大学千葉北総病院循環器内科
2日本医科大学大学院医学研究科器官機能病態内科学



術」

  [★]

surgery
外科外科学手術外科術外科手術


血栓除去」

  [★]

thrombectomy
血栓除去術血栓摘出術




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡
週間・日々の人気記事
最近7日間の人気記事
 タイトル表示
1マーフィー徴候 18
2narrow segment 16
3" wounds are made"  15
4グレイ症候群 15
5"phenoxypolyethoxylethanol" 15
6ロイシンエンケファリン 13
7硝酸ミコナゾール 11
8Common Laboratory Equipment 11
9content 10
10だいすいたいしんけい 9
11粟粒結核と肉下種 9
12全身性ヒマン細胞小 9
13細胞内寄生菌 9
14kligler培地 原理 9
15不整脈  9
16角膜反射 中枢 9
17膜性骨化 8
18ソルデム 8
19ハプロ不全 疾患 8
20日本多毛 8

昨日の人気記事
 タイトル表示
1" wounds are made"  15
2kligler培地 原理 9
3kligler培地 硫化鉄 4
4ǸCαꥦ륹ΤǤ뤳ȤŦƤ֤Ƥ 4
5歳の女性。右目の疼痛、充血および霧視を主訴に来院した。眼底に異常を認めない。視力は右 0.9 (矯正不能)、左 1.2 (矯正不能)。眼圧は右 11 mmHg、左 12 mmHg。フルオレセイン染色後の前眼部写真 (別冊No. 5) を別に示す。 治療薬として適切なのはどれか。 4
6胃癌 borrmann分類 3
7回復過程 3
8ジェンドラシック法 メカニズム 3
9しょうすいたいしんけい 3
10ラリンゲルマスク ゼリー 3
11ハッセルバッハ三角 3
12白内障 grade 3
13フォンギールケ病 3
14マッコーネルサイン 3
15小児骨折 好発部位 3
16咽頭神経叢 3
17低アルドステロン症 3
18フロマン徴候 3
19オーグメンチン 販売中止 3
20クスマウル徴候 3