血リンパ節

出典: meddic

()
hemolymph nodes, hemal lymph nodes

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/06/26 14:54:11」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 胸腔鏡下区域・肺葉切除におけるラッププロテクターの有用性と適応について
  • 稀な感染症ペニシリウム感染症の臨床
  • 腎癌を中心とした尿路悪性腫瘍の末梢血・リンパ節・腫瘍内浸潤リンパ球の細胞免疫学的解析

関連画像

がん診療ガイドライン│口腔が スライド-125マッサージにより、ペットにも  marker 末梢 血 リンパ節 cd7 45 7気管支血管束および小葉間 医療法人こくさいじクリニック


★リンクテーブル★
関連記事リンパ節」「リン」「」「」「リンパ

リンパ節」

  [★]

lymph node (Z), lymph gland
lymphonodus


  • 扁平楕円
  • 直径3cm
  • 脂肪組織で覆われた先生結合組織でできた被膜に包まれる
  • リンパ管の合流部にできる
  • 構造は大まかに3層:皮質、傍皮質、髄質。
  • リンパの流れ:輸入リンパ管→辺縁洞→中間洞→髄洞→輸出リンパ管

解剖

  • 帽状域 mantle zone:増殖したリンパ球がリンパ小節の発生母治から出て行こうとしている小リンパ球が密集したもの
  • 胚中心 germinal center:抗原刺激に反応したときに形成される。記憶B細胞や形質細胞が分化する部位
リンパ球は暗調域-(中心芽細胞から中心細胞(sIgを発現)へ)→基底明調域→頂部側明調域と移動する
  • 傍皮質:ヘルパーT細胞が活性化すると傍髄質臥拡大し、髄質の深部まで伸びてくる。 ←胸腺依存領域とも呼ばれる

:*T細胞

  • 髄質

臨床関連

  • EBウイルスに感染したB細胞に対する細胞障害性T細胞が傍皮質で観察される
  • AIDS
  • The characteristic lymph node changes in AIDS are progressive transformation of the germinal centers.

参考

  • 胸部のリンパ節 - 日本食道学会
[display]http://minds.jcqhc.or.jp/stc/0053/1/0053_G0000152_0061.html

</nowiki>




リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3






節」

  [★]

ganglionganglianodeknot、(分類学)section、(文章)clausenodalganglionic
結節結節型結節状結節性神経節セクション、切片、結び目ノット薄切部門リンパ節割面ノード結節腫ガングリオン


血」

  [★]

blood, (漢方)blood and body fluid energy
血液血中


リンパ」

  [★]

lymph (Z)
lympha
淋巴
リンパ節





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡
週間・日々の人気記事
最近7日間の人気記事
 タイトル表示
1pud 16
2Jardine, A., Neville, P. J., Dent, C., Webster, C., & Lindsay, M. D. (2014). Ross River virus risk associated with dispersal of Aedes (Ochlerotatus) camptorhynchus (Thomson) from breeding habitat into surrounding residential areas: muddy lakes, Western Australia. American Journal of Tropical Medicineand Hygiene, 91(1), 101-108. doi:10.4269/ajtmh.13-0399 16
3ミタゾラム 効果 16
4化生 特徴 15
51,1024,768,24 HTTP/1.1 13
6多毛日本 12
7user/password 11
8user/register 10
9cefpodoxime proxetil BCS 8
10日常生活自立度 7
11盲斑 7
12ラクテック 7
131,320,568,24 HTTP/1.1 7
14サイズの原理 筋電図 5
15ルリッシュ症候群 5
16Salivary glands 5
17viraldeath解剖 5
18脳卒中リハ 阻害因子 5
19 HTTP/1.1">"> HTTP/1.1 5
20?mesterolon? Britain 4

昨日の人気記事
 タイトル表示
1ラクテック 4
2視床下部 3
3感染症法 3
4骨盤死腔炎とは 3
5ホスホセリン 3
6選択的iga欠損症 3
7砂粒小体 2
8先天性橈尺骨癒合症症状 2
91,1024,768,24 HTTP/1.1 2
10腸管穿孔 ハルトマン 2
11エコーウイルス 2
12胃毛細血管拡張症 2
13呼吸補助筋 2
14CD56 γδ T細胞 2
15健康指標 2
16user/register 2
17ローゼンミュラーか 1
18胃癌 ボーマン 1
19ウログラフィン 1
20再興感染症 一覧 1