融像

出典: meddic


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 視能訓練における訓練効果の持続性 (第71回 日本弱視斜視学会(1)) -- (一般口演 臨床研究Ⅱ)
  • 両眼視機能検査 (特集 斜視診療のコツ)
  • 日本の「稼ぐ力」と新しい金融像の模索 (特集 日本の「稼ぐ力」と産業・地域金融のあり方)

関連リンク

融像とは、医学書院の『英和・和英眼科辞典』によれば、 「左右の網膜に映った像をひとつにまとめて単一視する働き」 とあります。 要するに、一本の鉛筆を両眼で見たときに、一本の鉛筆として認識できる能力のことです。
デジタル大辞泉 - 融像の用語解説 - 左右の網膜に映った像を融合し、一つの像として認識する働き。眼球の運動や大脳皮質の視覚中枢の働きによって実現される。左右の網膜に映る像の位置が微妙に異なることから、遠近感や立体感を ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
拡張検索融像除去眼位
関連記事

融像除去眼位」

  [★]

fusion-free position, fusion-frustrated position


像」

  [★]

写真イメージ映画画像




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡