蝸牛窓

出典: meddic

fenestra cochlea (KA)
正円窓



cochlear window
正円窓

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • コンビームCTによる蝸牛窓臨床解剖の検討
  • 中島 崇博,東野 哲也,奥田 匠,松田 圭二,高木 実,林 多聞,花牟禮 豊
  • Otology Japan 23(3), 238-242, 2013-07-25
  • … 近年の植込み型人工聴覚器医療の展開に伴い、蝸牛窓周辺の臨床解剖の重要性が増している。 … 鹿児島市立病院にてCBCTを施行した37症例50耳を対象とし、再構築画像にて蝸牛窓径を計測したところ、蝸牛窓径は1.55mmであった。 …
  • NAID 10031189732
  • アポトーシス抑制タンパクPTD-FNKを用いた内耳タンパク治療
  • 樫尾 明憲
  • Otology Japan 22(5), 897-904, 2012-12-25
  • … 内耳障害の予防戦略として、アポトーシス関連タンパクなどを直接導入する内耳タンパク治療は有望であるが、内耳血液関門・蝸牛窓膜をタンパクが透過できないという問題から実現は容易ではなかった。 …
  • NAID 10031145248
  • Protein Transduction Domain を付加した蛋白(PTD-FNK)の蝸牛窓膜通過、蝸牛内細胞への取り込みについて
  • 樫尾 明憲,鈴木 光也,山岨 達也
  • Otology Japan 18(4), 343, 2008-09-16
  • NAID 10025821767

関連リンク

世界大百科事典 第2版 蝸牛窓の用語解説 - 中耳と内耳は二つの窓でつながっている。一つの窓(卵円窓,前庭窓ともいう)にはあぶみ骨が,他の一つ(正円窓,蝸牛窓ともいう)には薄い膜があって,鼓膜の振動にうまく応ずる構造 ...
穿孔などの鼓膜の欠陥は有効振動面積の減少とともに、音が蝸牛窓からも直接内耳にはいることで聴力は著しく低下する。 鼓室 ①中耳のうち耳管を除いた部分。咽頭側壁から陥没したもので咽頭の粘膜が続く。 ②側頭骨の錐体 ...

関連画像

generated by ひとり wiki version 1 16 5ここにも蝸牛が傷害されると、耳閉感と 蝸牛の横断面聴覚の受容器は内耳の 蝸牛  蝸牛窓で中耳腔と接しています


★リンクテーブル★
国試過去問105G017
リンク元正円窓
関連記事蝸牛」「

105G017」

  [★]

  • 側頭骨高分解能CTの軸位断像(別冊No.1)を別に示す。
  • 矢印で示すものはどれか。



[正答]


※国試ナビ4※ 105G016]←[国試_105]→[105G018

正円窓」

  [★]

round window
蝸牛窓 cochlear window fenestra cochleae
内耳



蝸牛」

  [★]

cochlea (HIS)
蝸牛器官
コルチ器


  • 図:M.538(内頭蓋底での位置)
  • 骨で周囲を囲まれた管状の構造であり、リンパ液で満たされている(SP.239)



窓」

  [★]

window (Z), fenestra (Z)




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡
週間・日々の人気記事
最近7日間の人気記事
 タイトル表示
1PVC波形板 82
2多毛 54
3content 37
4日常生活自立度 32
5日本多毛 23
6開散麻痺 17
7cepharexin antibiotic 17
8中隔子宮 17
9てんかん(パーソナリティ変化) 17
10ずり足 16
11ジセチアミン フルスルチアミン 16
12左室流失路狭窄症 16
13中心脳性てんかん 症状 15
140 HTTP/1.1 14
15大腿骨骨折 12
16津守式発達検査 内容 12
17難病 一覧 10
18深部脳波 9
19日本多毛视频 9
20スクシニル 9

昨日の人気記事
 タイトル表示
1多毛 16
2ジフェニルピラリン塩酸塩 8
3S. Ahmed,M. Dhar G. Mittal, N. K. Bhat N. Shirazi V. Kalra H. C. Sati V. Gupta A comparative hospital-based observational study of mono- and co-infections of malaria, dengue virus and scrub typhus causing acute undifferentiated fever European Journal of Clinical Microbiology & Infectious DiseasesApril 2016, Volume 35, Issue 4, pp 705–71 6
4肺血管抵抗 単位 6
5ゴーシェ細胞 6
6content 6
7アシュネル試験 6
8セルロースアセテート ニプロ 5
9日本多毛 5
10日常生活自立度 4
11腎杯拡張とは 4
12ソルメルコート 4
13多形癌とは 4
14段階別看護ケア 4
15無核卵子 4
16spike状の発熱 4
17牙龈图片 4
18菌体抗原 4
19じょうしょうのうどうみゃく 3
20陳旧性肺結核とは 3