蜂窩織炎

出典: meddic

cellulitis, phlegmon
蜂巣炎結合織炎 fibrositisフレグモーネ phlegmone
[show details]


頚部の蜂巣炎


治療期間

  • 抗菌薬の治療期間は急性期の炎症が消失してから3日後まで。熱病43thed





Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2013/10/22 15:24:26」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 長期間血糖コントロール不良の2型糖尿病に広範な大腿筋群膿瘍を併発した1例
  • 功刀 高子,新城 孝道,永井 香弥,三浦 順之助,岩本 安彦
  • 東京女子医科大学雑誌 81(E2), E256-E260, 2011-03-31
  • … 尿病と診断されたが放置した.40歳頃から経口血糖降下薬内服を開始されたが、通院は不定期で血糖コントロールは不良であった.41歳時左大腿部蜂窩織炎で当院皮膚科に入院した.その際随時血糖 300mg/dl台、HbA1c 13%であり、インスリン療法に変更され、蜂窩織炎改善後再度経口血糖降下薬に戻された.しかし44歳時HbA1c 9.4%と血糖コントロールの悪化があり、再度インスリン療法に変更された.しかし、 …
  • NAID 110008441478
  • 膀胱全摘術後9年目に残存尿道および鼡径リンパ節へ再発した膀胱癌の1例
  • 小幡 淳,菊地 栄次,金子 剛,宮嶋 哲,亀山 香織,陣崎 雅弘,大家 基嗣
  • 日本泌尿器科學會雜誌 102(1), 34-38, 2011-01-20
  • … 左鼡径リンパ節転移を認めた.同時期に亀頭部の発赤を認め,生検したところ,UCの病理像であった.Gemcitabine,Paclitaxelによる全身化学療法を4コース施行した.その後も鼡径リンパ節腫脹,リンパ浮腫を伴う左下肢蜂窩織炎を発症した.尿道再発巣からのリンパ行性転移により鼡径リンパ節腫脹が繰り返し生じている可能性が考えられ,陰茎部分切除術および鼡径リンパ節郭清術を施行した.膀胱全摘,舟状窩までの尿道摘除後に残 …
  • NAID 110008440746
  • Community-associated BLNARによる敗血症を伴う蜂窩織炎を来たし,治療に難渋した成人例
  • 鷲尾 健,山本 剛,中村 敦子 [他]
  • 日本皮膚科学会雑誌 121(7), 1415-1419, 2011-07
  • NAID 40018850003

関連リンク

蜂窩織炎(ほうかしきえん、cellulitis、phlegmon[e])とは、好中球の浸潤が限局せず 組織内にびまん性に広がり、細胞間質を広範囲に融解し細胞実質を壊死分解させて いる、進展性の化膿性炎症である。蜂巣織炎(ほうそうしきえん)、蜂巣炎(ほうそうえん) 、 ...
蜂窩織炎(蜂巣炎)とはどんな病気か. 皮膚の深いところから皮下脂肪組織にかけての 細菌による化膿性炎症です。 原因は何か. 主として黄色ブドウ球菌によりますが、化膿 連鎖(れんさ)球菌など他の細菌によって生じることもあります。菌は、毛穴や汗の出る管 、 ...
蜂窩織炎の衝撃写真と動画集|真実を知り、正しい理解を|その病気治ります!

関連画像

イメージ 1蜂窩織炎060825_3060825_2イメージ 1画像1参考画像1蜂窩織炎


★リンクテーブル★
先読み結合織炎
国試過去問108D048」「107D011」「101F012」「103C008
リンク元浮腫」「急性膿皮症」「fibrositis」「cellulitis」「phlegmone
関連記事

結合織炎」

  [★]

fibrositis
結合組織炎


108D048」

  [★]

  • 70歳の女性。 3週前に右大腿部の蜂窩織炎で入院した。セファゾリンの投与により軽快したが、 2日前から 38℃の発熱と 1日 10回の下痢が出現した。意識は清明。体温 38.5 ℃。脈拍 120/分、整。血圧 110/60 mmHg。呼吸数 20/分。血液所見:赤血球 320万、 Hb 10.3 g/dl、Ht 31%、白血球 19,300(分葉核好中球 72%、好酸球 2%、単球 10%、リンパ球 16% )、血小板 19万。血液生化学所見:アルブミン 2.8 g/dl、尿素窒素 50 mg/dl、クレアチニン 3.8 mg/dl(5日前は 0.8 mg/dl)、 Na 138 mEq/l、K4.7 mEq/l、Cl 109 mEq/l。下部消化管内視鏡像 (別冊 No. 23)を別に示す。
  • 最も考えられるのはどれか。



[正答]


※国試ナビ4※ 108D047]←[国試_108]→[108D049

107D011」

  [★]


[正答]


※国試ナビ4※ 107D010]←[国試_107]→[107D012

101F012」

  [★]

  • 細菌の外毒素が起こす皮膚病変はどれか。2つ選べ。
[正答]


※国試ナビ4※ 101F011]←[国試_101]→[101F013

103C008」

  [★]

  • 表皮に変化がみられるのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 103C007]←[国試_103]→[103C009

浮腫」

  [★]

edema
水腫angioedema全身性浮腫

分類

  圧痕性浮腫 非圧痕性浮腫
pitting edema nonpitting edema
病態 水のみが間質に貯留
圧痕を残す
水分+血漿由来物質の蓄積(ムコ多糖、蛋白質)・炎症細胞の浸潤
圧痕を残さない
疾患 fast edema slow edema 甲状腺機能低下症
局所性炎症(蜂窩織炎、虫さされ)
強皮症
低アルブミン血症 心不全
腎不全
  • 低アルブミン血症はfast edema と覚えておく

浮腫の原因

IMD.518
  • 全身性
  • 心性浮腫
  • 腎性浮腫
  • 肝性浮腫
  • 内分泌性浮腫
  • 栄養失調性浮腫・栄養障害性浮腫
  • 薬剤性浮腫
  • 起立性浮腫
  • 特発性浮腫
  • 局所性
内科診断リファレンス p.4

浮腫を来す疾患

IMD.519改変
  • 局所性浮腫
  • 全身性浮腫
  • 非ステロイド性抗炎症薬:インドメタシンなど  ← 1-2%の例で見られる。
  • ホルモン薬:副腎皮質ステロイドエストロゲンなど  ← 体液貯留させる作用あり
  • 降圧薬:血管拡張薬(Ca拮抗薬など)  ←  細動脈優位の拡張による
  • 甘草製剤:甘草グリチルリチンなど  ←  アルドステロン様作用
  • Na含有薬:ペニシリン系抗菌薬、重炭酸ナトリウムなど  ←  Na自体の性質による

肝性浮腫と腎性浮腫

  • 肝性浮腫は下肢に、腎性浮腫では眼瞼に浮腫が初発する?(出典不明)

参考

  • [display]http://www.igaku.co.jp/pdf/resident0806-3.pdf





急性膿皮症」

  [★]

acute pyoderma
[[]]


fibrositis」

  [★] 蜂窩織炎結合織炎

WordNet   license wordnet

「inflammation of white fibrous tissues (especially muscle sheaths)」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「リューマチ性の筋肉障害」


cellulitis」

  [★] 蜂窩織炎

WordNet   license wordnet

「an inflammation of body tissue (especially that below the skin) characterized by fever and swelling and redness and pain」


phlegmone」

  [★] 蜂窩織炎フレグモーネ


炎」

  [★]

  • n.
  • comb form.
  • (炎症の接尾辞)itis
炎光炎症




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡
週間・日々の人気記事
最近7日間の人気記事
 タイトル表示
1PVC波形板 82
2多毛 54
3content 37
4日常生活自立度 32
5日本多毛 23
6開散麻痺 17
7cepharexin antibiotic 17
8中隔子宮 17
9てんかん(パーソナリティ変化) 17
10ずり足 16
11ジセチアミン フルスルチアミン 16
12左室流失路狭窄症 16
13中心脳性てんかん 症状 15
140 HTTP/1.1 14
15大腿骨骨折 12
16津守式発達検査 内容 12
17難病 一覧 10
18深部脳波 9
19日本多毛视频 9
20スクシニル 9

昨日の人気記事
 タイトル表示
1多毛 16
2ジフェニルピラリン塩酸塩 8
3S. Ahmed,M. Dhar G. Mittal, N. K. Bhat N. Shirazi V. Kalra H. C. Sati V. Gupta A comparative hospital-based observational study of mono- and co-infections of malaria, dengue virus and scrub typhus causing acute undifferentiated fever European Journal of Clinical Microbiology & Infectious DiseasesApril 2016, Volume 35, Issue 4, pp 705–71 6
4肺血管抵抗 単位 6
5ゴーシェ細胞 6
6content 6
7アシュネル試験 6
8セルロースアセテート ニプロ 5
9日本多毛 5
10日常生活自立度 4
11腎杯拡張とは 4
12ソルメルコート 4
13多形癌とは 4
14段階別看護ケア 4
15無核卵子 4
16spike状の発熱 4
17牙龈图片 4
18菌体抗原 4
19じょうしょうのうどうみゃく 3
20陳旧性肺結核とは 3