蛋白毒素

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 非ウイルス性感染症 菌体外蛋白毒素 (広範囲 血液・尿化学検査 免疫学的検査(第7版・3)その数値をどう読むか) -- (免疫学的検査 感染症関連検査(抗原および抗体を含む))
  • 谷口 暢,本田 武司
  • 日本臨床 68(-) (980), 215-219, 2010-06
  • NAID 40017181747

関連リンク

「蛋白結合尿毒素」の中で代表的な物質の中で、インドキシル硫酸や、ホモシステイン、p-クレソール、グリコオキサロールなどがテキストには載っていると思います。 これらの尿毒素の治療前の血中濃度は腎臓機能が正常な ...
「二種省令別表第一第一号ト」の解釈について 平成20年7月31日 文部科学省研究振興局 ライフサイエンス課 生命倫理・安全対策室 研究開発等に係る遺伝子組換え生物等の第二種使用等のうち、蛋白性毒素に係る遺伝子

関連画像

返回蛋白毒素 PNAS:肺炎支原体毒素蛋白3D结构ベロ毒素の作用メカニズム


★リンクテーブル★
関連記事毒素

毒素」

  [★]

toxin
内毒素外毒素
外毒素 内毒素
ポリペプチド リポ多糖体(lipopolysaccharide: LPS)
細菌細胞からの分泌 グラム陰性菌の細胞壁の外膜に存在
宿主組織内-拡散 細菌細胞の崩壊により放出
多くは熱不安定性 熱安定性
分泌部位~遠隔部位に作用 血行性に拡散しエンドトキシンショック
トキソイド化可 トキソイド化不可(毒性中心はリピドA)





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡