虎斑溶解

出典: meddic

tigrolysis
ニッスル小体変性 Nissl substance alteration、ニッスル変性 Nissl-Degeneration
染色質融解



UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

虎斑溶解といって中毒などでは小体が消えることがあります。(KB染色). 神経細胞. 小脳のプルキンエ細胞も大きな神経細胞です。細胞体からは皮質に向かって樹状突起 をのばします。樹状突起間にある黒い細胞も神経細胞です。(Bodian染色). 小脳の顆粒  ...
ニッスル小体は神経細胞が変性したり、軸索が切断されたりしたときに消失することが ある(虎斑溶解tigrolysis)。 ニューロンとニューロンの接続部をシナプスsynapseという。 そしてシナプス前の軸索末端には、カテコールアミン、アセチルコリンなどを含む小滴( ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
リンク元ニッスル小体」「ニッスル変性」「染色質融解」「虎斑融解
関連記事溶解

ニッスル小体」

  [★]

Nissl body
ニッスル顆粒 Nissl granule虎斑物質 tigroid substance、色素親和体 chromophile substance Nissl substance
虎斑溶解




ニッスル変性」

  [★]

Nissl-Degeneration
虎斑溶解


染色質融解」

  [★]

chromatolysis
虎斑溶解



虎斑融解」

  [★] lysis of tigroid

虎斑溶解


溶解」

  [★]

(細胞)lysis、(物質)dissolutionlysedissolve
溶ける溶かす解消




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡