薬理作用

出典: meddic

pharmacological action
薬力学薬力学作用 pharmacodynamic action


和文文献

  • 新薬紹介総説 ヒト型抗CD20モノクローナル抗体薬 オファツムマブ(アーゼラ)の薬理作用と臨床試験成績
  • 吉崎 弘幸,友成 章
  • 日本薬理学雑誌 = Folia pharmacologica Japonica : くすりとからだ : ファーマコロジカ 143(1), 40-43, 2014-01
  • NAID 40019936705
  • 『消化管ペプチドで大建中湯の効果を評価する』 消化管ペプチドを介したモルヒネ誘発性便秘に対する大建中湯の効果
  • 佐藤 雄己
  • 日本薬理学雑誌 143(3), 120-125, 2014
  • … 候群に対して臨床的有用性の高い漢方方剤として知られている.動物を用いた基礎的検討により,本剤はモルヒネ誘発性の消化管障害に対して改善効果を示すことが報告されている.また大建中湯の主要な薬理作用は消化管運動亢進作用と腸管粘膜血流増加作用であり,その作用機序として消化管ペプチドの関与が報告されている.しかしながら現在まで担がん患者のモルヒネ誘発性便秘に対する大建中湯の臨床効果と …
  • NAID 130003391433
  • 伝統薬物研究が薬理学にもたらす新しい視点
  • 東田 千尋,久保山 友晴
  • 日本薬理学雑誌 143(2), 73-77, 2014
  • … 伝統医学で用いる薬物(天然物)中から画期的な薬理作用を示す化合物がこれまで数多く同定されており,伝統薬物研究は新薬開発の重要な基盤となってきた.伝統薬物由来の化合物に関する薬理研究の報告は多いが,そのほとんどが薬効に関連したシグナリング分子の活性や発現の制御を示したもので,化合物の直接の作用点を示した報告は少ない.直接の作用点が不明なままでは,化合物の真のシグナリングが明ら …
  • NAID 130003391427

関連リンク

デジタル大辞泉 薬理作用の用語解説 - 薬物が生体に生理的な変化をもたらす働き。 ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
リンク元薬理学」「薬力学作用
関連記事作用」「薬理

薬理学」

  [★]

pharmacology
drug entries


定義

  • 生物系と化学物質の選択的な相互作用を研究する学問 (SPC.2)

生物系と薬の相互作用

  • 薬の生物系に対する相互作用:薬理作用 <-化学の視点
  • 生物系の薬に対する相互作用:薬物動態 <-生物の視点

関連分野

  • 薬物学 materia medica
  • 生薬学
  • 実験薬理学
  • 臨床薬理学
  • 動物薬理学
  • 人体薬理学
  • 比較薬理学
  • 薬理作用学(薬力学)
  • 薬物動態学
  • 中毒学、毒科学
  • 薬物治療学
  • 処方学

薬品の命名

Ending of the drug name Category Example
~afil Erectile dysfunction sildenafil
~ane Inhalatinal general anesthetic halothane
~azepam Benzodiaizepine diazepam
~azine Phenothiazine (neuroleptic, antiemetic) chlorpromazine
~azole Ailtifungal ketoconazole
~barbital Barbiturate phenobarbital
~caine Local anesthetic lidocaine
~cillin Penicillin methicillin
~cycline Antibiotic, protein syntlesis inhibitor tetracycline
~ipramine TCA iimipramine
~navir Protease inhibitor saquinavir
~olol β-antagonist propranolol
~operidol Butyrophenone ( neuroleptic ) haloperidol
~oxin Cardiac glycoside ( inotropic agent ) digoxin
~phylline Methylxanthine theophylline
~pril ACE inhibitor captopril
~terol β2 agonist albuterol
~tidine H2 antagonist cimtidine
~triptyline TCA amitriptyline
~tropine Pituitary hormone somatotropine
~zosin a1 antagonist prazosin

薬一覧

薬物代謝

薬理動態

神経伝達物質

神経筋接合部遮断薬(筋弛緩薬)

交感神経作動薬

アドレナリン受容体

交感神経遮断薬

アドレナリン受容体

副交感神経作動薬

アセチルコリン受容体

副交感神経遮断薬

アセチルコリン受容体

貧血治療薬

甲状腺関連物質

痛風治療薬

  • 痛風発作予防薬
  • 尿酸排泄促進薬
  • 尿酸生成抑制薬


薬力学作用」

  [★]

pharmacodynamic action
薬理作用

作用」

  [★]

actioneffectact
影響行為、効果、行動効力作動措置働く効能条例

薬理」

  [★]

pharmacology
薬品作用学薬理学




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡