薬物過敏症

出典: meddic

薬物アレルギー

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2012/09/25 19:16:14」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • S6-4 セツキシマブによるアナフィラキシーとα-gal(S6 薬疹・薬物過敏症の診療,シンポジウム6,第26回日本アレルギー学会春季臨床大会)
  • 千貫 祐子,伊藤 和行,高橋 仁,森田 栄伸
  • アレルギー 63(3・4), 384, 2014-04-05
  • NAID 110009847819
  • S6-3 生物製剤・分子標的薬による肺障害(S6 薬疹・薬物過敏症の診療,シンポジウム6,第26回日本アレルギー学会春季臨床大会)
  • 長瀬 洋之,山口 正雄,大田 健
  • アレルギー 63(3・4), 383, 2014-04-05
  • NAID 110009847818
  • S6-2 薬疹に関するゲノム解析(S6 薬疹・薬物過敏症の診療,シンポジウム6,第26回日本アレルギー学会春季臨床大会)

関連リンク

薬物アレルギー(やくぶつあれるぎー、英:drug allergy)とは薬によって生じるアレルギー の総称であり、抗菌薬や解熱剤などの医薬品により生じやすい。一般に医薬品は低 分子のものが多いため、それ自体が抗原とはならず、生体内のタンパク質などの高分子 と ...
薬物過敏症は薬物に対する免疫媒介性の反応である。症状は軽度から重度まで様々で あり,皮疹,アナフィラキシー,血清病を含む。診断は臨床症状によるが,ときとして皮膚 試験が有用である。治療は,薬物投与の中止,抗ヒスタミン薬(対症療法),ときに脱感 ...

関連画像

ドクターからのコメント】表7 薬物過敏症と主な原因 化学物質過敏症 runのブログ-59リーの伝奇 的な人生を全体的 表7 薬物過敏症と主な原因


★リンクテーブル★
国試過去問098G066
リンク元薬物アレルギー」「薬剤熱」「薬剤過敏症
拡張検索薬物過敏症試験
関連記事薬物」「過敏」「」「過敏症

098G066」

  [★]

  • 薬物過敏症について正しいのはどれか。
  • a. 薬物の有害反応の中ではまれである。
  • b. 原疾患の重症度に依存する。
  • c. 用量には依存しない。
  • d. 適正な用法では発症しない。
  • e. 重症化しない。
[正答]


※国試ナビ4※ 098G065]←[国試_098]→[098G067

薬物アレルギー」

  [★]

drug allergy
薬物過敏症 drug hypersensitivity

原因薬剤

  • 抗菌薬(アンピシリン、アモキシシリン、ペニシリン、およびST合剤) (NEL.990)

機序

  • I~IV型アレルギーが関与している。

症状

SPE.312
  • アナフィラキシー
  • 発熱:典型的には薬物投与後7-10日後に突然敗血症様発熱
  • 血清病
  • 呼吸器障害
  • 造血器・血液系障害:溶血性貧血、顆粒球減少症、血小板減少症
  • 肝障害:肝細胞障害型、肝内胆汁うっ滞型
  • 腎障害:
  • 薬疹:蕁麻疹、紅斑丘疹、多型滲出性紅斑、紅皮症 → Stevens-Johnson症候群中毒性表皮壊死融解症、固定薬疹、自己免疫誘発、薬剤過敏性症候群

検査

  • ときに好酸球増多 ← I型アレルギーを介する薬物アレルギーと思われる。
  • 皮膚テスト
  • スクラッチテスト、プリックテスト、皮内テスト、パッチテスト
  • リンパ球刺激試験(LST):IV型アレルギーの関与が疑われる場合。 ===? リンパ球幼若化試験:陽性 ← ただし陽性率は低い。
  • 再投与試験:アナフィラキシーを伴うことがあり危険。
  • 特異IgE抗体測定  ←  ホントにやるの?

参考

  • 1. [charged] An approach to the patient with drug allergy - uptodate [1]


薬剤熱」

  [★]

drug fever
薬物性発熱薬剤性発熱
発熱薬物過敏症
[show details]


薬剤過敏症」

  [★]

drug hypersensitivity
薬剤アレルギー薬物アレルギー薬物過敏症


薬物過敏症試験」

  [★] 薬物アレルギー試験

薬物」

  [★]

drug, medication, medicament
薬物中毒薬物依存薬物濫用
処方ドラッグ麻薬薬剤薬剤負荷薬物療法薬物適用薬品


過敏」

  [★]

supersensitivityirritationsupersensitiveirritable
過感受性過感受的刺激作用被刺激性易刺激的


症」

  [★]

sis, pathy
  • 検査や徴候に加えて症状が出ている状態


過敏症」

  [★]

hypersensitivity
過敏性




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡