薬剤性肺疾患

出典: meddic

drug-induced lung disease
薬剤性肺障害薬剤誘発性肺疾患 drug-induced pulmonary disease


  • 投与薬剤との明確な因果関係が認められている多彩な呼吸器疾患の総称

機序

  • Cytotoxic drugs;本来の薬剤作用による肺障害。用量依存性。
  • Non-cytotoxic drugs;本来とは異なる薬剤作用(アレルギー、免疫)による肺障害。 用量非依存性。

薬剤性肺障害 SPU.408

頻度の高い疾患

  • 間質性肺炎・肺線維症
  • 肺過敏反応
  • 肺好中球浸潤
  • 非心原性肺水腫・ARDS
  • 胸水・胸膜炎
  • ループス様症状
  • 気管支攣縮・咳嗽


間質性肺炎・肺線維症を引き起こす薬剤(SPU.409)

細胞毒性薬

頻度:5-15%。予後良好。薬剤の中止orステロイド投与

アルキル化剤

アルカロイド

代謝拮抗薬

その他


和文文献

  • グラフ 薬剤性肺疾患の画像診断
  • トレーニング問題 (特集 薬剤性肺疾患:診断と治療の進歩)
  • 治療指針 (特集 薬剤性肺疾患:診断と治療の進歩)

関連リンク

薬剤性肺炎 【概要】 一般的な肺炎は細菌やウィルスなどの病原体が肺の奥にある小さな袋状の部分(肺胞、はいほう)に感染して引き起こす炎症ですが、薬を点滴したり、内服することが原因で肺に障害が生じることがあり、これを ...
薬剤性肺疾患 あらゆる薬物療法が呼吸器に副作用を起こす可能性があり、薬剤に起因する呼吸器疾患は年々増加してきています。薬剤が関連する呼吸器疾患は、間質性肺炎を中心とする薬剤性肺障害のほか、時に感染症であることも ...
i 短縮版:薬剤性肺障害の診断・治療の手引き 作成委員一覧(五十音順) 委員長 久保 惠嗣 信州大学医学部内科学第一講座 作成委員 吾妻安良太 日本医科大学内科学(呼吸器・感染・腫瘍部門) 金澤 實 埼玉医科大学呼吸器内科

関連画像

薬剤コーテッドバルーン(Drug  薬剤性肺障害とびまん性肺疾患陰影はかなり早いタイミングで  性 肺 疾患 シリーズ を 最初COPD(慢性閉塞性肺疾患)と 石綿肺疾患の診断のポイン  薬剤性肺障害――fake or fact間質性肺疾患シリーズ: やさし


★リンクテーブル★
リンク元肺線維症」「薬剤性肺障害
関連記事薬剤」「疾患」「薬剤性」「肺疾患

肺線維症」

  [★]

pulmonary fibrosis
間質性肺炎

概念

  • 肺胞領域にびまん性に線維化を生じる疾患の総称(SPU.135)
  • この結果、肺組織の硬化と萎縮をきたし、正常の肺構造の破壊と荒廃に至る
  • 病理組織的な概念
  • 炎症所見に注目したものが間質性肺炎

病因

  • ・・・
  • 薬剤性 → 薬剤性肺疾患

2007年度前期生理学授業プリント-R4-

  • 肺胞中隔に線維が出現し、肺が固くなる
  • コンプライアンスC↓



薬剤性肺障害」

  [★]

redirect 薬剤性肺疾患

薬剤」

  [★]

drugagentpharmaceutical preparationmedicine
薬物作用薬ドラッグ媒介物病原体麻薬薬物代理人医薬品薬品


疾患」

  [★]

disease, disorder, disturbance, illness, sickness, malady
疾病病気
疾病障害乱れ無秩序病害病気病弊



薬剤性」

  [★]

drug-induced
薬物性薬剤誘発薬物誘発


肺疾患」

  [★]

lung diseasepulmonary disease





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡