薬剤性リンパ節症

出典: meddic

drug-induced lymphadenopathy


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

薬剤性過敏症症候群 (DIHS)Drug-induced hypersensitivity syndrome. DIHS. 「 皮ふの広い範囲が赤くなる」、; 「高熱(38℃以上)」、; 「のどの痛み」、; 「全身がだるい」、  ; 「食欲が出ない」、; 「リンパ節がはれる」. などがみられ、その症状が持続したり、急激に ...
リンパ節の腫れがどんどん大きくなり、発熱や痛み リンパ管炎; 複数のリンパ節が腫れ ている ウイルス性リンパ節炎; 高熱や悪寒、かぜ様症状、赤く腫れる リンパ菅炎; 発熱 があり、首のリンパ節が腫れ、痛む 亜急性壊死性リンパ節炎; 腫れが大きくなり、痛み ...

関連画像

リンパ節腫脹を来す疾患は多数 入院3日目検査所見):症状:発熱、リンパ節腫脹


★リンクテーブル★
関連記事リン」「薬剤」「リンパ節症」「」「薬剤性

リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3





薬剤」

  [★]

drugagentpharmaceutical preparationmedicine
薬物作用薬ドラッグ媒介物病原体麻薬薬物代理人医薬品薬品


リンパ節症」

  [★]

lymphadenopathy
リンパ節リンパ節腫脹リンパ節炎



症」

  [★]

sis, pathy
  • 検査や徴候に加えて症状が出ている状態

薬剤性」

  [★]

drug-induced
薬物性薬剤誘発薬物誘発




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡