葉間胸水

出典: meddic

vanishing tumor
一過性腫瘤状陰影 transient tumor-like shadow一過性葉間胸水貯留像 transient interlobar effusion



和文文献

  • F43 葉間胸水として長期間経過観察されていた葉間有茎性硬化性血管腫の1切除例(良性肺疾患・症例,示説,第13回日本呼吸器外科学会総会号)
  • 加藤 良二,清水 幸夫,大崎 和幸,杉山 博之,田中 司玄文,長町 幸雄
  • 日本呼吸器外科学会雑誌 10(3), 381, 1996-04-10
  • NAID 110007135467
  • 人工研磨材の加工業者に認められた中枢気道の多発性結節
  • 川田 博,吉村 章子,金野 公郎,神山 宣彦
  • 気管支学 : 日本気管支研究会雑誌 15(1), 35-41, 1993-01-25
  • … 人工研磨材の加工研磨業に30年以上従事している56歳男性, 一過性の右葉間胸水を認め来院。 …
  • NAID 110002824894

関連リンク

胸水とは? 胸腔内には正常な状態でも数mLの液体が存在する。 壁側胸膜と臓側胸膜の癒着を防ぎ、呼吸で摩擦が 生じないように潤滑剤として働く。 1日に約5~10ℓもの胸水が生成され、吸収されて いる。
心不全を伴わない葉間胸水貯留の2例といわゆるvanishing tumorの4例とを比較検討し,本症(後者)における葉間貯留胸水は周囲の肺実質,胸壁,心との間で,力学的に平衡状態にあることに気付いた.この事実を根拠として,本症の発生機序を病態 ...
それは恐らく、葉間胸水の間違いではないでしょうか。肺は多くの区域に分かれていていますが、特に右肺ですと上葉、中葉、下葉と言った具合にわけられます、分けるものは、胸膜といって肺を包むものですが、その胸膜の ...

関連画像

120309CT2.jpg右下葉の浸潤影)胸腔ドレーン挿入後の写真


★リンクテーブル★
拡張検索一過性葉間胸水貯留像
関連記事胸水

一過性葉間胸水貯留像」

  [★]

transient interlobar effusion
バニシング・チューモアvanishing tumor

胸水」

  [★]

pleural effusion, pleural fluid
胸膜滲出液 pleural exudate
胸水貯留あるいは胸水、胸水貯留
  • 胸膜腔内の液体。

組成

IMD.457
0.1-0.2 ml/kg
細胞数 1000-5000 /ul
 mesothelial cells 3-70%
 monocytes 30-75%
 lymphocytes 2-30%
 granulocyte 10$
蛋白 1-2 g/dl
アルブミン 50-70%
血糖と同じ
LDH 血清レベルの50%以下
pH 血清よりややアルカリ性

種類

  漏出性胸水 滲出性胸水
外観 透明 混濁
比重 <1.015 >1.018
タンパク <2.5 g/dL >3.0 g/dL
LDH <200単位 >200単位
Rivalta反応 (-) (+)

原因疾患

  • 漏出性胸水:うっ血性心不全が多い
  • 滲出性胸水:結核性胸膜炎と癌性胸膜炎が半数以上

漏出性胸水

原因による分類

  • 静水圧↑:うっ血性心不全、収縮性心膜炎、アミロイドーシス
  • 血漿膠質浸透圧↓:ネフローゼ症候群、肝硬変、低栄養

滲出性胸水

身体所見

  • 打診
  • 肺肝境界:(右肺ならば)上昇
  • 心濁音境界:(十分に貯留していれば)消失
  • 聴診
  • 呼吸音:減弱~消失。
  • 肺胞呼吸音減弱
  • 気管支呼吸音増強







★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡