菌状息肉症

出典: meddic

mycosis fungoides
菌状息肉腫茸状息肉症
悪性リンパ腫アリベール-バザン症候群
[show details]

症状

  • 皮膚症状:


参考

  • 1. www.pathconsultddx.com
  • 2. ncbi - Cancer Medicine ≫ Neoplasms of the Hematopoitic System ≫ Mycosis Fungoides and the Sezary Syndrome


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 菌状息肉症における皮膚病変の多様性と病理組織学的所見,予後との関連性についての検討
  • 古賀 文二,今福 信一,中山 樹一郎
  • 福岡医学雑誌 102(7), 229-236, 2011-07-25
  • … location and amount of infiltrating tumor cells in the epidermis seem to be profoundly correlated with the prognosis.菌状息肉症(Mycosis Fungoides : MF)は,原発性皮膚悪性リンパ腫(Cutaneous T cell lymphoma : CTCL)の約半数を占めるT細胞系のリンパ腫である.臨床経過として,紅斑期,扁平浸潤期を経て腫瘍期に移行するが,その期間は数年から数十年という長い経過をたどり,中にはpoikiloderma様の皮疹を残し,病変が消退する例もある.MF を含めCTCL …
  • NAID 40019060893
  • 皮膚のリンパ腫とケモカイン
  • 菅谷 誠
  • 日本臨床免疫学会会誌 = Japanese journal of clinical immunology 34(2), 91-98, 2011-04-28
  • … 定の臓器や細胞集団に発現する.皮膚のリンパ腫は腫瘍細胞が皮膚という特定の臓器に限局することから,ケモカインがその病態に関与していることが考えられる.皮膚のリンパ腫の代表的な疾患である菌状息肉症・セザリー症候群において,CCL17,CCL27,CCL11,CCL26などのケモカインが病態に関与していることを,これまで我々は報告してきた.これらは皮膚病変部で発現しているだけでなく,血清中でも正常人と比 …
  • NAID 10029431944
  • 症例 治療抵抗性菌状息肉症の1例
  • 澁谷 貴史,藤井 瑞恵,上原 治朗 [他]
  • 皮膚科の臨床 53(4), 653-656, 2011-04
  • NAID 40018782515

関連リンク

菌状息肉症(きんじょうそくにくしょう). 更新日:2004年12月02日 掲載日:1998年02月 12日. 1.菌状息肉症とは 2.症状と病期(ステージ) 3.診断 4.治療 5.各病期( ステージ)の治療と予後 6.治療の副作用 7.在宅における食事・生活など ...
2006年10月1日 ... (4)菌状息肉症は、一般的には紅斑期(こうはんき)、扁平浸潤期(へんぺいしんじゅんき :局面期)、腫瘍期と進行します。悪性度の高い悪性リンパ腫としての側面は、腫瘍期に なってはじめて現れます。紅斑期、扁平浸潤期では、悪性リンパ腫と ...
菌状息肉症の衝撃写真と動画集|真実を知り、正しい理解を|その病気治ります!

関連画像

大福case 1菌状息肉症の症状と写真皮膚悪性リンパ腫(菌状息肉症 菌状息肉症(皮膚悪性リンパ腫 null皮膚悪性リンパ腫(菌状息肉症


★リンクテーブル★
先読み悪性リンパ腫」「アリベール-バザン症候群
国試過去問105A041」「097B037」「105D004」「098G120」「099E010」「107I014」「076B031」「103D011」「095A119」「084B019
リンク元皮膚掻痒症」「紅皮症」「デルマドローム」「皮膚の悪性腫瘍」「PUVA療法
関連記事

悪性リンパ腫」

  [★]

malignant lymphoma
lymphoma malignum

悪性リンパ腫とマーカー

悪性リンパ腫.xls
  sIg CD5 CD10 CD19 CD20 CD23 CD43 bcl cyclin TdT その他 転座
小リンパ性リンパ腫 small lymphocytic lymphoma
慢性リンパ性白血病 chronic lymphocytic leukemia
       
濾胞性リンパ腫 FL
 
      bcl2 +      
MALTリンパ腫
 
                 
マントル細胞リンパ腫 MCL
 
             
びまん性大細胞性B細胞リンパ腫 DLBL
 
+/-     bcl6 +        
前駆Bリンパ芽球性リンパ腫
急性Bリンパ球性白血病 LBL/ALL
                 
バーキットリンパ腫 BL
 
          Myc, Ki-67 t(8,14)Myc;IgH ~80%
t(2,8)κ;Myc ~15%
ホジキンリンパ腫
 
                    CD15, CD30, CD45 - t(8,22)Myc;λ ~10%
成人T細胞白血病 ATL
 
                    CD2, CD3, CD4, CD25, HLA-DR, CD8 -  

病期

参考

  • 1.
http://www.rinpashu.com/inspection/

国試




アリベール-バザン症候群」

  [★]

Alibert-Bazin syndrome


105A041」

  [★]

  • 92歳の女性。左頬部の結節を主訴に来院した。 5年前から同部に「赤い皮疹」があったが受診しなかった。主訴である結節は、この「赤い皮疹」が発生母地になっていると考えられた。左頬部の写真(別冊No.13A)と生検組織のH-E染色標本(別冊No. 13B)とを別に示す。
  • 「赤い皮疹」の診断名として考えられるのはどれか。



[正答]


※国試ナビ4※ 105A040]←[国試_105]→[105A042

097B037」

  [★]

  • 疾患と症候の組合せで誤っているのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 097B036]←[国試_097]→[097B038

105D004」

  [★]

  • 疾患と発生母地の組合せで正しいのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 105D003]←[国試_105]→[105D005

098G120」

  [★]

  • a. (1)(2)
  • b. (1)(5)
  • c. (2)(3)
  • d. (3)(4)
  • e. (4)(5)
[正答]


※国試ナビ4※ 098G119]←[国試_098]→[098H001

099E010」

  [★]

  • a. (1)(2)
  • b. (1)(5)
  • c. (2)(3)
  • d. (3)(4)
  • e. (4)(5)
[正答]


※国試ナビ4※ 099E009]←[国試_099]→[099E011

107I014」

  [★]


[正答]


※国試ナビ4※ 107I013]←[国試_107]→[107I015

076B031」

  [★]

  • (1) 成年に始まった魚鱗癬では悪性腫瘍の合併を疑う
  • (2) 局面性類乾癬では菌状息肉症への移行に注意する
  • (3) 粘膜の扁平苔癬白板症に移行する
  • (4) 尋常性乾癬では表皮のturnover timeが延長する
  • (5) 毛孔性苔癬は下腿伸側に好発する。

103D011」

  [★]

[正答]


※国試ナビ4※ 103D010]←[国試_103]→[103D012

095A119」

  [★]

[正答]


※国試ナビ4※ 095A118]←[国試_095]→[095A120

084B019」

  [★]

  • リンパ増殖性疾患はどれ
  • a. (1)(2)(3)
  • b. (1)(2)(5)
  • c. (1)(4)(5)
  • d. (2)(3)(4)
  • e. (3)(4)(5)

皮膚掻痒症」

  [★]

pruritus
pruritus cutaneus
(標準病名マスター)皮膚そう痒症掻痒症 pruritus, pruritis
掻痒、痒み

内科疾患による皮膚掻痒症(IMD.249)

also see NDE.114
疾患 原因
肝疾患 原発性胆汁性肝硬変症 胆汁
急性肝炎
血液疾患 悪性リンパ腫
Hodgkin病
菌状息肉症
不明
真性多血症
鉄欠乏性貧血
代謝・内分泌疾患 糖尿病 乾燥,カンジダ症
甲状腺機能低下症 乾燥
甲状腺機能亢進症 体温上昇
力ルチノイド セロトニン
腎疾患 慢性腎不全(透析) 乾燥, 皮脂欠乏?
神経疾患 多発性硬化症 不明
脳梗塞
心因性 情動性 不明

参考

  • 1. [charged] Uremic pruritus - uptodate [1]
なぜ慢性腎不全で皮膚がかゆくなるか?原因は分かっていないが、肥満細胞が放出するヒスタミンが関与している。また中枢神経系におけるオピオイド受容体が掻痒に関与していると考えられている。この考えが、胆汁うっ滞や尿毒症における掻痒に対するオピオイド拮抗薬使用の理論的な根拠とならしめている。


紅皮症」

  [★]

erythroderma
剥脱性皮膚炎 exfoliative dermatitis

定義

  • (1)全身(体表の80%以上)の持続性の炎症性発赤(潮紅)し、健常部皮膚を殆ど残さず、(2)粃糠様・落葉状の落屑が持続する病態

原因

起こしやすい疾患 (2009 CBT QB2 p.116)

(%)は紅皮症に占める割合
湿疹続発性(約50%) アトピー性皮膚炎自家感作性皮膚炎など
各種疾患続発性 乾癬(数%)、毛孔性紅色粃糠疹天疱瘡など
中毒性 薬疹(約10%)(ピラゾロンINHSMなど)、ウイルスなどの感染症、GVHD
落屑性 ビタミンB群欠乏症
腫瘍性 T細胞リンパ腫(Sezary症候群菌状息肉腫)

起こしうる疾患 (NDE.122)



デルマドローム」

  [★]

dermadrome


YN.N-21


皮膚の悪性腫瘍」

  [★]

良性

悪性

  • 神経外胚葉系


PUVA療法」

  [★]

PUVA therapy
ソラレン長波長紫外線治療 psoralen-ultraviolet A therapy


症」

  [★]

sis, pathy
  • 検査や徴候に加えて症状が出ている状態




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡