莢膜染色法

出典: meddic

capsular staining
墨汁法

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 一新莢膜染色法
  • 緩衝色素液を以てする細菌の莢膜染色法

関連リンク

細菌の莢膜を染色する方法である。 莢膜は肺炎球菌(Streptococcus pneumoniae)、 肺炎桿菌(Klebsiella pneumoniae)、炭疽菌(Bacillus anthracis)などが有している。莢膜は生体の殺菌物質から菌体を保護するために、細胞壁の ...
2.染色法各論 A) 固定法 1)熱固定(火炎固定) 一般的に、最初の1~2回は火炎の中を1秒程度通過させて徐々に温度を上げ、3回 目に多少ゆっくりと2秒程度の時間をかけて固定する。 固定後は、完全に熱をさます。
グラム陰性菌の原形質は細胞膜に覆われ、その外側は薄いペプチドグリカンと外膜、莢膜によって覆われている。内膜 (細胞膜の外側)に薄いペプチドグリカンの層があり、その外側に陰性菌特有の構造である外膜がある。 一方、グラム ...

関連画像

クリプトコッカス(真菌 ムチカルミン染色ムチカルミン染色


★リンクテーブル★
リンク元墨汁法
関連記事染色法」「莢膜」「」「染色

墨汁法」

  [★]

India ink method
墨汁染色インディアインク法インドインク法墨汁莢膜染色法 India ink capsule stainブリー墨汁法 Burri method
墨汁莢膜染色法


染色法」

  [★]

種類 染色法 染色結果
塩基性色素 ヘマトキシリン
酸性色素 エオジン
色素 染色部位
電荷 種類 種類 電荷
塩基性色素 ヘマトキシリンアズール 好塩基性 核酸、リボソーム(rRNA)、硝子軟骨
酸性色素 エオジン 好酸性 膠原線維



バクテリア


莢膜」

  [★]

capsule

機能

  • 食細胞による貪食をのがれる
抗体を介した貪食による (SMB.43)
抗体の産生には1週間ていどかかるらしい
補体無効
補体が莢膜に接着しない
膜攻撃複合体が細胞膜に達しない

莢膜を有する病原体

莢膜を有する病原体(First Aid 2006 p.137)

SHNK

検査

  • if encapsulated bug is present, capsule swells when specific anticapsular antisera are added.


法」

  [★]

methodlaw
測定法測定方法訴訟方法法律学手法方式法律


染色」

  [★]

staining
染色法




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡