舌下神経核

出典: meddic

()


hypoglossal nucleus

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 脳幹スライス標本における中枢ニューロンの生命力に対するポリエチレングリコールの作用
  • 石尾 知亮,平井 喜幸,井上 農夫男,舩橋 誠
  • 北海道歯学雑誌 32(1), 25-34, 2011-09-15
  • … て舌下神経核,孤束核,最後野を含む前頭断脳幹スライス標本を作成し,30%PEG溶液中に1分間浸漬した後に細胞死のマーカーであるヨウ化プロピジウム(PI)を添加した人工脳脊髄液中で15,60,240分間培養し,直後に4%パラホルムアルデヒドにて回定した.凍結切片を作成し,niss染色を行った後,PI集積部位を蛍光顕微鏡下で同定して各部におけるニューロンの生存率を算出した.その結果,舌下神経核ニ …
  • NAID 120003370699
  • 第四脳室と橋・延髄の解剖と外科治療(<特集>脳室・脳幹病変の外科治療)
  • 斉藤 延人,金 太一
  • 脳神経外科ジャーナル 20(6), 438-445, 2011-06-20
  • … などの構造が同定できる.顔面神経丘の直下には外転神経核や顔面神経がある.これらの機能を温存するために,suprafacial triangle approachとinfrafacial triangle approachが有用である.一方で,第四脳室線条より尾側には,舌下神経核,迷走神経背側核,孤束核など重要な神経核が密集しているので,心停止や嘸下障害に備える必要がある.また,橋延髄の前側方へのアプローチにはanterior transpetrosal approachがよい.脳幹海綿状血管腫の手術症例を …
  • NAID 110008662231
  • 舌下神経核におけるコリン作動性大型終末“C-terminal”の起始細胞の同定
  • 灰塚 嘉典,松井 利康,松村 讓兒,小林 靖
  • 杏林医学会雑誌 40(3), 51-65, 2009
  • … 本研究では,舌下神経核に分布するC-terminalの起始細胞を同定するため,まず舌下神経核にFluoro-Goldを注入して逆行性標識を行い,小胞性アセチルコリントランスポーター(VAChT)に対する免疫組織化学染色との組合せにより,舌下神経核に投射するコリン作動性ニューロンが局在する領域を明らかにした。 …
  • NAID 130000259024

関連リンク

舌下神経[XII] 舌下神経[XII] ①舌下神経核への求心性線維 ②舌下神経の末梢支配 舌下神経の臨床的側面 解剖学用語(舌下神経) 舌下神経は純粋の体性運動神経で三つの筋節は舌を形成するが、その起源は後頭筋節 ...
世界大百科事典 第2版 舌下神経の用語解説 - 第12脳神経ともよばれる。延髄の腹側から出て舌筋(内舌筋と外舌筋)に到達する運動神経で,口腔底を通り,舌の下面から舌内部に入るため〈舌下〉神経とよばれる。もっぱら舌の運動をつかさど ...

関連画像

①舌下神経核への求心性線維XI]、舌下神経[CN XII] 神経系 中部の 冠状断面 。舌下神経 分岐 舌下神経 核 舌下神経 動眼神経核ー滑車神経核ー 延髄 (舌下神経核の高さ)


★リンクテーブル★
国試過去問096A043」「101A044」「100F050
関連記事神経」「舌下神経」「神経核」「舌下」「

096A043」

  [★]

  • 65歳の男性。筋力低下を主訴に来院した。1年前から上肢の筋がやせて筋力が低下してきた。5か月前から歩行に際して疲労が目立つようになり、階段を上るのが困難となった,2か月前から言語が不明瞭になった。意識は清明。身長170cm、体重53kg。呼吸数26/分、整。舌の萎縮を認める。四肢に筋萎縮と中等度の筋力低下とを認める。上下肢ともに深部腱反射は亢進し、Babinski徴候は両側で陽性。感覚は正常。排尿障害はない。
  • この疾患で病変がみられるのはどれか,
[正答]


※国試ナビ4※ 096A042]←[国試_096]→[096A044

101A044」

  [★]

  • 65歳の男性。筋力低下を主訴に来院した。1年前から上肢の筋がやせて筋力が低下してきた。5か月前から歩行に際して疲労が目立つようになり、階段を上るのが困難となった。2か月前から言語が不明瞭になった。意識は清明。身長170cm、体重53kg。呼吸数26/分、整。舌の萎縮を認める。四肢に筋萎縮と中等度の筋力低下とを認める。上下肢ともに深部腱反射は亢進し、Babinski徴候は両側で陽性。感覚は正常。排尿障害はない。
  • この疾患で病変がみられるのはどれか。2つ選べ。
[正答]


※国試ナビ4※ 101A043]←[国試_101]→[101A045

100F050」

  [★]

  • 65歳の男性。筋力低下を主訴に来院した。1年前から上肢の筋がやせて筋力が低下してきた。5か月前から歩行に際して疲労が目立つようになり、階段を昇るのが困難となった。2か月前から言語が不明瞭になった。意識は清明。身長170cm、体重53㎏。呼吸数26/分、整。舌の萎縮を認める。四肢に筋萎縮と中等度の筋力低下とを認める。上下肢ともに深部腱反射は亢進し、Babinski徴候は両側で陽性である。感覚は正常である。排尿障害はない。
  • 病変部位として考えられるのはどれか。2つ選べ。
[正答]


※国試ナビ4※ 100F049]←[国試_100]→[100F051

神経」

  [★]

nerve
nervus
ニューロン


解剖で分類

情報で分類

機能で分類


舌下神経」

  [★]

hypoglossal nerve (B)
nervus hypoglossus
第12脳神経 twelfth cranial nerve, cranial nerve XII CNXII CN XII
舌下神経管 hypoglossal canal脳神経

由来

支配

走行





神経核」

  [★]

nucleus
nerve nucleus
神経節大脳基底核



舌下」

  [★]

hypoglottishypoglossalsublingualsublingually


核」

  [★]

nucleus, nuclei
細胞核
細胞





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡