興奮性シナプス

出典: meddic



UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

関連リンク

抑制性シナプスは信号を受け取ると、抑制性シナプス後電位(IPSP; Inhibitory PostSynaptic Potential)という信号を発生させる。IPSPは神経細胞の分極状態が強化 される電位となるため、過分極と呼ばれる。 シナプス前抑制性は、興奮性シナプスが 起こす ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。

添付文書

定時保守中です。 It is a scheduled maintenance now.


★リンクテーブル★
拡張検索興奮性シナプス後電位」「興奮性シナプス後場電位
関連記事興奮」「興奮性」「シナプス」「

興奮性シナプス後電位」

  [★]

excitatory postsynaptic potential, EPSP (SP)


  • シナプス後ニューロンの膜にある受容体に神経伝達物質が結合すると、その膜のイオン透過性が変わり、シナプス後電位が発生する。興奮性のシナプスではEPSPが発生し、それが活動電位の閾値を超すとインパルスが発生する(SP.129-130)



興奮性シナプス後場電位」

  [★]

field excitatory postsynaptic potentialfEPSP


興奮」

  [★]

excitationexcitementexcitefireexcitatoryexciting
興奮性刺激的励起発火火事




興奮性」

  [★]

excitabilityexcitatoryexcitableexcito
被刺激性 irritability
興奮易興奮性



シナプス」

  [★]

synapse
ニューロン


  • 神経細胞間における情報伝達のために特殊化した接合部をいう。



性」

  [★]

sex, gender





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡