腹囲

出典: meddic

abdominal circumference AC
[[]]



UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 喘息児における肥満改善に伴う呼吸機能への影響
  • 増本 夏子,小田嶋 博,嶋田 清隆,村上 洋子,本村 知華子,本荘 哲,岡田 賢司
  • アレルギー 60(8), 983-992, 2011-08-30
  • … した.【方法】当科で入院による肥満治療を行った喘息を有する児10名(男児8:女児2,平均年齢10歳)に対し,肥満改善プログラムの前後で身長,体重,体脂肪率,腹囲を測定し,呼吸機能検査(スパイロメータ)を実施した.各肥満指標(BMI,体脂肪率,体脂肪量,腹囲)の改善率と呼吸機能パラメーターの変化率との関連を検討した.【結果】喘息の真の重症度は間欠型2名,軽症持続型4名,中等症持続型3名,重症持続型が1名 …
  • NAID 110008722814
  • メタボリックシンドロームの診断基準, 特に腹囲の位置づけについて考える
  • 門脇 孝
  • 肥満研究 : 日本肥満学会誌 = Journal of Japan Society for the Study of Obesity 17(2), 76-77, 2011-08-25
  • NAID 10029597312

関連リンク

腹囲(へそ周り), 男性 85cm以上 女性 90cm以上(男女ともに、腹部CT検査の内臓 脂肪面積が100cm2以上に相当). 内臓脂肪の蓄積をチェックします。肥満の判定によく 用いられるBMI(体格指数)ではなく、腹囲で判定します。 腹囲の正しい測り方はこちら ...
2006年7月26日 ... 腹囲」という言葉を使うと、「それってウエストでしょ!難しい言葉を使わないで!」とよく いわれます。しかしながら、腹囲はウエストではないのです。女性のあなた・・・ ごめんなさい、いちばん細いところを計りたい気持ちは良くわかりますが、これは ...

関連画像

健康チェック-測定腹囲の測定イラストメタボリック腹囲測定方法腹囲脂肪蓄積がへその下に偏位して 腹囲.jpg


★リンクテーブル★
国試過去問102G062」「104F031」「104D030」「104F030」「104E051」「104E037」「108E010」「106G005」「103E036
リンク元AC」「girth of abdomen

102G062」

  [★]

  • 次の文を読み、61~63の問いに答えよ。
  • 28歳の1回経産婦。妊娠35週時に胎児発育異常を指摘され紹介状を持って来院した。
  • 現病歴:分娩予定日は最終月経から算出された。定期的に妊婦健康診査を受けており、これまで血圧や尿検査の異常を指摘されたことはない。4週前から胎児の発育異常が疑われていた。
  • 既往歴:特記すべきことはない。
  • 妊娠・分娩歴:25歳時に妊娠38週で3,200gの男児を正常経腺分娩。
  • 生活歴:喫煙は20本/日を8年間。
  • 現症:身長155cm、体重50kg(非妊時45kg)、腹囲78cm、子宮底長28cm。体温36.6℃。脈拍80/分、整。血圧120/60mmHg。意識は清明。腹部は軟で、時折不規則な子宮収縮を触知する。児先進部は頭部で未固定、子宮口1cm開大、展退度30%、破水はない。超音波検査で胎児奇形は認めない。前医での胎児推定体重の推移と入院後の胎児心拍数陣痛図とを以下に示す。


  • 入院後の胎児超音波検査所見として考えにくいのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 102G061]←[国試_102]→[102G063

104F031」

  [★]

  • 次の文を読み、30、31の問いに答えよ。
  • 34歳の経産婦。反復する下腹部痛と少量の性器出血とを主訴に来院した。
  • 現病歴:  妊娠12週まで近くの診療所健診を受けていたが、経済的理由でその後は受診していなかった。本日朝から下腹部痛と性器出血とを自覚した。妊娠37週1日に相当していた。
  • 既往歴・生活歴・家族歴:   特記すべきことはない。
  • 現 症:  意識は清明。身長153cm、体重72kg。体温37.1℃。脈拍84/分、整。血圧142/86mmHg。子宮底長 28cm、腹囲 95cm。3~5分間欠で疼痛を伴う子宮収縮を認める。
  • 検査所見: 尿所見: 蛋白1+、糖(-)。血液所見: 赤血球 320万、Hb 9.5g/dl、Ht 28%、白血球 9,000、血小板 11万。血液生化学所見: 総蛋白 6.5g/dl、アルブミン 3.6g/dl、尿素窒素 16mg/dl、クレアチニン 0.6mg/dl。CRP 0.4mg/dl。



[正答]


※国試ナビ4※ 104F030]←[国試_104]→[104G001

104D030」

  [★]

  • 45歳の女性。腹囲が大きくなったことを主訴に来院した。半年前から徐々に腹囲が大きくなってきた。食欲はあり、体重に変化はみられない。排便の状況にも変化はない。月経周期26日型、整。身長156cm、体重46kg。体温36.2℃。脈拍72/分、整。血圧112/74mmHg。心音と呼吸音とに異常を認めない。腹部は全体に軽度膨隆している。肝・脾を触知しない。尿所見:蛋白(-)、糖(-)。血液所見:赤血球 432万, Hb 12.1g/dl、Ht 38%、白血球 6,200、血小板 23万。血液生化学所見:血糖 83mg/dl、総蛋白 7.2g/dl、アルブミン 4.0g/dl、総ビリルビン 0、6mg/dl、AST 16IU/l、ALT 13IU/l、ALP 174IU/l(基準115-359)。免疫学所見: CRP O.3mg/dl、CEA 26.4ng/ml(基準5以下)、CA19-9 60U/m/(基準37以下)。術前に施行した腹部造影CT(別冊No.10A)を別に示す。開腹手術を行うとゼリー状の物質と腫瘍が確認された。腫瘍のH-E染色標本(別冊No.10B)を別に示す。
  • 原発臓器として考えられるのはどれか。2つ選べ。



[正答]


※国試ナビ4※ 104D029]←[国試_104]→[104D031

104F030」

  [★]

  • 次の文を読み、30、31の問いに答えよ。
  • 34歳の経産婦。反復する下腹部痛と少量の性器出血とを主訴に来院した。
  • 現病歴:  妊娠12週まで近くの診療所健診を受けていたが、経済的理由でその後は受診していなかった。本日朝から下腹部痛と性器出血とを自覚した。妊娠37週1日に相当していた。
  • 既往歴・生活歴・家族歴:   特記すべきことはない。
  • 現 症:  意識は清明。身長153cm、体重72kg。体温37.1℃。脈拍84/分、整。血圧142/86mmHg。子宮底長 28cm、腹囲 95cm。3~5分間欠で疼痛を伴う子宮収縮を認める。
  • 検査所見: 尿所見: 蛋白1+、糖(-)。血液所見: 赤血球 320万、Hb 9.5g/dl、Ht 28%、白血球 9,000、血小板 11万。血液生化学所見: 総蛋白 6.5g/dl、アルブミン 3.6g/dl、尿素窒素 16mg/dl、クレアチニン 0.6mg/dl。CRP 0.4mg/dl。
  • まず行う検査はどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 104F029]←[国試_104]→[104F031

104E051」

  [★]


[正答]


※国試ナビ4※ 104E050]←[国試_104]→[104E052

104E037」

  [★]


[正答]


※国試ナビ4※ 104E036]←[国試_104]→[104E038

108E010」

  [★]

  • 成人の栄養状態の評価において有用性が低いのはどれか。
  • a 腹囲
  • b 血小板数
  • c 血清アルブミン値
  • d BMI〈Body Mass Index〉
  • e 血清総コレステロール値


[正答]


※国試ナビ4※ 108E009]←[国試_108]→[108E011

106G005」

  [★]


[正答]


※国試ナビ4※ 106G004]←[国試_106]→[106G006

103E036」

  [★]

  • 学校保健法で定められている健康診断の項目はどれか。3つ選べ。
[正答]


※国試ナビ4※ 103E035]←[国試_103]→[103E037

AC」

  [★]


girth of abdomen」

  [★]

  • 腹囲
abdominal circumference




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡