腸恥隆起

出典: meddic

iliopubic eminence ()

-恥骨櫛の外側端は腸恥隆起という低い隆起になっている。腸恥隆起は(150%){腸骨と恥骨の癒合部};である (KL.142)

iliopubic eminence
筋裂孔

和文文献

  • 家畜ヤギの骨格の雌雄差に関する解剖学的研究
  • 家畜ヤギの骨格の雌雄差に関する解剖学的研究

関連リンク

×本ウェブサイトのご使用を続行することで、クッキーポリシーを受諾することになります。詳細
寛骨臼の回りの高く隆起した壁のこと。途中で寛骨臼切痕よって切断されていて、1周取り巻く形にはなっていない。 ・「関連語句」トップに戻る ・ページトップに戻る
寛骨 ① 腸骨稜 Crista iliaca ② 腸骨窩 Fossa iliaca ③ 上前腸骨棘 Spina iliaca anterior superior ④ 下前腸骨棘 Spina iliaca anterior inferior ⑤ 寛骨臼 Acetabulum ⑥ 腸恥隆起 iliopubic eminence ⑦ 閉鎖孔 Foramen obturatum ⑧ ...

関連画像

腸恥滑液包炎(iliopsoas bursitis)の 腸恥包腸恥隆起、ちょうちりゅうき  方骨 切り 腸 恥 隆起 の 棚 の腸恥隆起から恥骨骨切り部の


★リンクテーブル★
先読み恥骨櫛
リンク元下肢の筋」「小腰筋」「第2斜径」「骨盤斜径」「腸恥筋膜弓

恥骨櫛」

  [★]

pecten of pubis ()
pectineal line (KL)
pecten pubis (KL)

-恥骨上枝の上縁は恥骨結節から外上方に向かって鋭い骨稜となって続き恥骨櫛と呼ばれる (KL.142)


下肢の筋」

  [★]

下肢の筋

関節で分類

下肢の筋の起始停止

下肢の筋

肉単P 筋名   起始 停止 支配神経 機能
R-2 大腰筋   T12(椎体)、L1-L5(椎体横突起) 大腿骨(小転子) 腰神経叢 股関節屈曲(わずかに外旋)、脊柱屈曲
R-4 小腰筋   T12、L1(椎体椎間円板) 腸恥隆起 腰神経叢 脊柱屈曲の補助
R-3 腸骨筋   腸骨(腸骨窩) 大腿骨(小転子) 腰神経叢大腿神経 股関節屈曲(わずかに外旋)、脊柱屈曲
R-7 大殿筋   腸骨(後殿筋線)、仙骨尾骨(後面)、仙結節靭帯 大腿筋膜(腸脛靭帯)、大腿骨(殿筋粗面) 下殿神経 股関節伸展(特に屈曲位からの伸展)、外旋
R-8 中殿筋   腸骨(前殿筋線後殿筋線の間) 大腿骨(大転子外側面) 上殿神経 股関節外転内旋
R-9 小殿筋   腸骨(前・後殿筋線下殿筋線の間) 大腿骨(大転子) 上殿神経 股関節外転内旋
R-6 大腿筋膜張筋   腸骨(上前腸骨棘腸骨稜脛骨(外側)(腸脛靭帯を介して) 上殿神経 大腿筋膜の緊張、大腿屈曲外転内旋
R-10 梨状筋   仙骨(前面)、腸骨(大坐骨切痕) 大腿骨(大転子) 坐骨神経層(K) 股関節外旋
R-16 上双子筋   坐骨(坐骨棘小坐骨切痕) 大腿骨(大転子) 仙骨神経叢 股関節外旋
R-17 下双子筋   坐骨(坐骨結節) 大腿骨(大転子) 仙骨神経叢 股関節外旋
R-19 大腿方形筋   坐骨(坐骨結節) 大腿骨(転子間稜) 仙骨神経叢 股関節外旋
R-15 内閉鎖筋   坐骨恥骨(閉鎖孔縁)、閉鎖膜(内面) 大腿骨(大転子転子窩) 仙骨神経叢 股関節外旋
R-14 外閉鎖筋   恥骨(閉鎖孔下部)、閉鎖膜(外面) 大腿骨(転子窩) 閉鎖神経 股関節外旋内転(弱)
S-1 長内転筋   恥骨結合および恥骨(恥骨稜) 大腿骨(粗線内側唇) 閉鎖神経 股関節内転
S-2 短内転筋   恥骨(恥骨結合恥骨結合の間) 大腿骨(粗線内側唇) 閉鎖神経 股関節内転
S-3 大内転筋   坐骨(坐骨結節)、恥骨(恥骨下枝) 大腿骨(粗線内転筋結節) 閉鎖神経脛骨神経 股関節内転伸展
S-6 恥骨筋   恥骨(恥骨櫛) 大腿骨(恥骨筋線) 閉鎖神経大腿神経 股関節内転屈曲の補助
S-7 薄筋   恥骨(恥骨結合外側縁) 脛骨(上部の内側面) 閉鎖神経 股関節内転膝関節屈曲、下肢の内旋
S-9 大腿直筋   腸骨(下前腸骨棘寛骨臼の上縁) 脛骨(脛骨粗面) 大腿神経 膝関節伸展股関節屈曲
S-11 中間広筋   大腿骨(上部3/4) 脛骨(脛骨粗面) 大腿神経 膝関節伸展
S-12 外側広筋   大腿骨(大転子粗線外側唇) 脛骨(脛骨粗面) 大腿神経 膝関節伸展
S-13 内側広筋   大腿骨(粗線内側唇) 脛骨(脛骨粗面) 大腿神経 膝関節伸展
S-14 縫工筋   腸骨(上前腸骨棘) 脛骨(上部の内側面) 大腿神経 股関節屈曲外旋外転膝関節屈曲
T-2 大腿二頭筋 短頭 大腿骨(粗線外側唇) 脛骨(腓骨頭) 腓骨神経 股関節伸展外旋膝関節屈曲
T-2 大腿二頭筋 長頭 坐骨(坐骨結節) 脛骨(腓骨頭) 脛骨神経 股関節伸展外旋膝関節屈曲
T-3 半膜様筋   坐骨(坐骨結節) 脛骨(内側顆)、大腿骨(外側顆) 脛骨神経 股関節伸展内旋膝関節屈曲内旋
T-4 半腱様筋   坐骨(坐骨結節) 脛骨(上部の内側面) 脛骨神経 股関節伸展内旋膝関節屈曲内旋
U-2 腓腹筋 外側頭 外側顆 踵骨(踵骨突起) 脛骨神経 足関節底屈膝関節屈曲
U-2 腓腹筋 内側頭 内側顆 踵骨(踵骨突起) 脛骨神経 足関節底屈膝関節屈曲
U-3 ヒラメ筋   脛骨(ヒラメ筋線)、腓骨(頭、骨幹上部) 踵骨(踵骨突起) 脛骨神経 足関節底屈
U-5 足底筋   大腿骨(外側顆の上部) アキレス腱内側縁 脛骨神経 足関節底屈
U-6 膝窩筋   大腿骨(外側顆) 脛骨(上部の後面) 脛骨神経 膝関節屈曲下の下床を形成する
V-7 後脛骨筋   脛骨(後面)、腓骨(後面) 舟状骨、3個の楔状骨立方骨、第2-4中足骨 脛骨神経 足関節内反底屈
V-1 前脛骨筋   脛骨(外側面)、骨間膜 内側楔状骨、第1中足骨(基底部) 深腓骨神経 足関節の背屈内反足底のアーチ維持
V-2 長腓骨筋   腓骨(上部の外側面・腓骨頭)、脛骨(外側顆) 内側楔状骨、第1中足骨(基底部) 浅腓骨神経 足関節外反底屈
V-3 短腓骨筋   腓骨(下部の外側面) 第5中足骨(基底部) 浅腓骨神経 足関節外反底屈
V-4 第三腓骨筋   腓骨下部の前面) 第5中足骨(基底部) 深腓骨神経 足関節外反背屈


小腰筋」

  [★]

psoas minor muscle (N), psoas minor (K)
musculus psoas minor
腸腰筋下肢筋群

概念

  • 40-50%の割合で存在 (KH.186)
  • 上位の椎体から起こり、大腰筋の表面に沿って下行し、恥骨櫛に終わる (KH.186)

起始

停止

  • 腸恥隆起

神経

機能

カテゴリ

下肢帯の筋>:下肢帯の筋


Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.


第2斜径」

  [★]

骨産道骨盤斜径
第2胎向の胎児が正常な第2回旋(産道からみて時計回り)するとき、矢状縫合と平行になる斜径
  • 骨盤を上方から見たとき、右の腸恥隆起から左の仙腸関節にいたる最短距離。 (NGY.332)
  • 長さは12.5cm
  • 第2前方後頭位で骨盤濶部に達したとき、矢状縫合は第2斜径と一致する。


骨盤斜径」

  [★]

  • 一側の腸恥隆起から他方の仙腸関節に至る最短距離。平均12.5cm。 (NGY.332)
  • 第1斜径:左の腸恥隆起から右の仙腸関節
  • 第2斜径:右の腸恥隆起から左の仙腸関節

参考

  • 1.
[display]http://web.sc.itc.keio.ac.jp/anatomy/osteologia/A02502001f.jpg


腸恥筋膜弓」

  [★]

iliopectineal arch (KL,K)
血管裂孔筋裂孔




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡