腕神経叢損傷

出典: meddic

brachial plexus injury
  • 外傷の際、強い牽引力による腕神経叢の伸展損傷により生じるとされている。




UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 上位型(C5.6.7型)腕神経叢損傷における長胸神経修復の必要性
  • 山田 哲也,土井 一輝,服部 泰典 [他]
  • 日本手外科学会雑誌 27(4), 339-343, 2011
  • NAID 40018736576
  • 外傷性腕神経叢損傷における肘屈曲機能再建術の術後成績
  • 中島 紀綱,谷脇 祥通,野口 政隆,貞廣 哲郎
  • 日本手外科学会雑誌 = The journal of Japanese Society for Surgery of the Hand 26(6), 622-624, 2010-11-22
  • NAID 10027693575
  • 最近の腕神経叢損傷患者の疫学調査について
  • 茶川 一樹,土井 一輝,服部 泰典,星野 秀士,坂本 相哲
  • 日本手外科学会雑誌 = The journal of Japanese Society for Surgery of the Hand 26(5), 401-403, 2010-09-13
  • NAID 10026722646

関連リンク

診断 腕神経叢がある側頸部から鎖骨上窩の腫脹や疼痛があり、上肢の運動麻痺や感覚障害があるときには、腕神経叢損傷の可能性があります。詳しい神経学的診察・検査で、腕神経叢のどの部位が、どの程度損傷されたのか判断します。
腕神経叢への牽引力の強さと損傷時の上肢の位置で麻痺の型が決まってきます。 前にも述べましたが、大まかに神経根が支配する運動は決まっています。 第5頚髄神経根(C5):肩 第6頚髄(C6):肘屈曲 第7頚髄(C7):肘伸展と手首伸展

関連画像

腕神経叢損傷(わんしんけいそ 腕神経叢損傷(わんしんけいそ 腕神経叢損傷(腕神経叢麻痺)腕神経叢損傷(わんしんけいそ 腕神経叢損傷の治療成績腕神経叢損傷 (わんしんけ


★リンクテーブル★
関連記事腕神経叢」「損傷」「神経」「

腕神経叢」

  [★]

brachial plexus (B)
plexus brachialis
  • 図:N.413(模式図) N.457(枝の走行) KA.413(腕神経叢)
  • 後頚三角にあり、前斜角筋中斜角筋の間から出るところで3本の神経幹を作った後、外側に下行する。
  • C5-T1までの5本の脊髄神経前根腕神経叢を作る
  • 神経幹より近位の部分は、鎖骨より内側にある (N.412 KA.413)



    C3 C4 C5 C6 C7 C8 T1
 横隔神経          
 肩甲背神経            
 長胸神経          
上神経幹            
 鎖骨下筋神経            
 肩甲上神経            
中神経幹              
下神経幹            
外側神経束          
 外側胸筋神経          
内側神経束            
 内側胸筋神経            
 内側上腕皮神経            
 内側前腕皮神経            
後神経束      
 上肩甲下神経            
 胸背神経          
 下肩甲下神経            
 腋窩神経 上肢          
 筋皮神経        
 正中神経      
 橈骨神経    
 尺骨神経          
損傷レベル 主な動作筋 運動機能
C1-C3 胸鎖乳突筋 頭部の前屈、回転
C4 横隔膜(C3-C5)、僧帽筋 呼吸、肩甲骨挙上
C5 三角筋上腕二頭筋 肩関節屈曲・外転・伸展、肘関節屈曲・回外
C6 大胸筋、橈側手根伸筋 肩関節内転、手関節背屈
C7 上腕三頭筋橈側手根屈筋 肘関節伸展、手関節掌屈
C8-T1 指の屈筋群、手内筋 指の屈曲、手の巧緻運動


Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.




損傷」

  [★]

injury, lesion
傷害
  • 損傷 injury:組織の生理的な連絡が絶たれる、または機能が傷害された状態 → 機能障害が含まれる。
  • 機械的なエネルギーにより生じた損傷。
  • 外力によって生じた組織損傷を総括して創傷と言うが、皮膚や粘膜の連続性が離断した開放性損傷を<創>、連続性が保持された閉鎖性損傷を<傷>と区別して用いることがある(SLE.12)

分類(SLE.106)

  • 鈍体損傷
  • 鋭器損傷
  • 刺器・尖器によるもの
  • 銃器・火薬による損傷

参考

  • 1.
[display]http://www.jaam.jp/html/dictionary/dictionary/word/0906.htm
  • 2.
[display]http://www.med.nagoya-cu.ac.jp/legal.dir/lectures/newest/node4.html



神経」

  [★]

nerve
nervus
ニューロン


解剖で分類

情報で分類

機能で分類



傷」

  [★]

wound
創傷傷つける





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡