脾門

出典: meddic

hilus of spleen (KH), splenic hilum (Z)
hilum lienis
脾臓


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2016/04/21 03:32:19」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 1.小児腹腔鏡下脾臓摘出術における脾門部処理の工夫(ワークショップ,第24回日本小児脾臓研究会)
  • 佐藤 智行,天江 新太郎,中村 恵美,仁尾 正記
  • 日本小児外科学会雑誌 47(5), 879, 2011-08-20
  • NAID 110008711812
  • PS-158-2 上部胃癌における脾臓合併切除の意義と,脾門部リンパ節の位置づけについての検討(PS-158 ポスターセッション(158)胃:手術-8,第111回日本外科学会定期学術集会)
  • 金光 聖哲,長谷川 寛,大坪 大,松田 佳子,安田 貴志,山下 公大,今西 達也,角 泰雄,中村 哲,木戸 正浩,松本 逸平,鈴木 知志,味木 徹夫,堀 裕一,福本 巧,具 英成,黒田 大介
  • 日本外科学会雑誌 112(臨時増刊号_1・2), 779, 2011-05-25
  • NAID 110008685411

関連リンク

この項目「脾門」は、生物学に関連した書きかけの項目です。加筆・訂正などをして下さる協力者を求めています(P:生物学/PJ生命科学)。
緒言 上部進行胃癌では脾門および脾動脈幹リンパ節郭清 の目的で膵脾合併切除や脾摘が行われ,標準術式とし て定着しているが,これらの術式では術後膵液瘻など の合併症も少なくなく,その適応については十分に考

関連画像

細胞組織学的写真を掲載 脾門 (ひもん、 英 : splenic hilum 血液と循環器系」のしくみや 副脾 : accessory spleen 脾門の 脾門 - Splenic hilum


★リンクテーブル★
先読み脾臓
関連記事

脾臓」

  [★]

spleen (SP)
  • 図:N.288,289

解剖

体表解剖 (2007年度後期解剖学授業プリント)

臓器と接する面 (KL.383, N.288)

組織

  • 赤脾髄:大部分を占め、赤色に見える
  • 白脾髄を取り巻くように存在し、赤脾髄と白脾髄を隔てている。
  • 辺縁体では、数多くの小さな血管がリンパ小節を取り囲むように存在しており、辺縁洞をなす。中心動脈から放射状に伸びる細い血管が赤脾髄に入り、その後再び戻って辺縁洞に注ぐ。

機能 (SP.499)

  • 1. 赤血球の処理
  • 2. 防衛機能
  • 3. 胎生期における造血作用
  • 4. 赤血球の貯蔵

臨床関連

  • 血小板増加による血栓症
  • 免疫能低下
  • 易感染性
  • 莢膜を持つ菌に感染しやすくなる→脾網内系はIgMを産生する場らしい?
  • 脾摘後重症感染症症候群


Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.








門」

  [★]

phylum
分類学
  • 分類学の用語
->亜門->




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡