脾臓梗塞

出典: meddic

splenic infarction
脾梗塞
-脾梗塞


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 多彩な臨床症状を呈した感染性心内膜炎の二症例
  • 今井 浩平,福岡 将匡,野田 亮輔,久馬 理史,萩原 誠,鳥井 孝明,曳田 信一,東海林 哲郎,杉本 智
  • 2006-12-01
  • … 腹部CTで脾臓梗塞、心エコーで大動脈弁、僧帽弁、三尖弁に疣贅の存在と重症の弁逆流が確認されIEとそれによる全身性塞栓症と診断した。 …
  • NAID 120001795334
  • 腸チフス」ニ於ケル脾臟梗塞ニ就キテ

関連リンク

【脾梗塞はどんな病気?】 《脾梗塞》と言う病気があります。基本的に梗塞と言うのは血管が詰まることをいいます。これは脾臓が壊死することをいいます。痛みを伴います。ちなみに起こした原因にもよるのですが、周りの臓器にも ...
脾臓は、「消化器科」に属するのかなと思います。 でも私の病院では、脾梗塞を発生させた病気の診療科が、 経過観察も担当するようで、窓口は循環器内科になっています。そういう意味でも、なんてマイナーな、宙ぶらりん ...
このサイトについて

関連画像

図6 脾臓を回収袋に回収するA250 本態性血小板血症の経過中 A250 本態性血小板血症の経過中 A250 本態性血小板血症の経過中


★リンクテーブル★
リンク元脾梗塞」「splenic infarction
関連記事脾臓」「梗塞

脾梗塞」

  [★]

splenic infarction
脾臓梗塞


splenic infarction」

  [★]

脾臓梗塞脾梗塞


脾臓」

  [★]

spleen (SP)
  • 図:N.288,289

解剖

体表解剖 (2007年度後期解剖学授業プリント)

臓器と接する面 (KL.383, N.288)

組織

  • 赤脾髄:大部分を占め、赤色に見える
  • 白脾髄を取り巻くように存在し、赤脾髄と白脾髄を隔てている。
  • 辺縁体では、数多くの小さな血管がリンパ小節を取り囲むように存在しており、辺縁洞をなす。中心動脈から放射状に伸びる細い血管が赤脾髄に入り、その後再び戻って辺縁洞に注ぐ。

機能 (SP.499)

  • 1. 赤血球の処理
  • 2. 防衛機能
  • 3. 胎生期における造血作用
  • 4. 赤血球の貯蔵

臨床関連

  • 血小板増加による血栓症
  • 免疫能低下
  • 易感染性
  • 莢膜を持つ菌に感染しやすくなる→脾網内系はIgMを産生する場らしい?
  • 脾摘後重症感染症症候群


Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.








梗塞」

  [★]

infarct, infarction
infarctus
虚血性壊死
心筋梗塞 myocardial infarction





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡