脳硬膜

出典: meddic

cranial dura mater (KH)
duramater of brain

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2014/02/19 00:47:03」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 脳静脈の機能解剖(手術合併症を防ぐために,II 手術訓練としての外科解剖実習-第23回微小脳神経外科解剖セミナーより-,微小脳神経外科解剖)
  • 小宮山 雅樹
  • 脳神経外科ジャーナル 20(Supplement_2), 140-148, 2011-10-20
  • … 脳静脈は,脳動脈とは異なる発生過程を経る.神経管の両側に形成されるprimary head veinを基本に,脳の発達とともに形を変えながら,脳硬膜静脈洞(dural sinus)や脳静脈(pial vein)が形成される.神経管の閉鎖により脈絡叢からの導出は1本のmedial vein of prosencephalonが担うようになり,これは一対の内大脳静脈の形成により,こちらに移行され,さらにgreat vein of Galenに導出される.大きく発達する大脳の表在性静脈(Sylvian,Trolard,and Labbe …
  • NAID 110008790790
  • 非滲出型猫伝染性腹膜炎にみられた大脳硬膜静脈洞における静脈洞血栓症の1例
  • 櫻井 優,森田 剛仁,墨崎 雄一郎,朴 天鎬,島田 章則
  • 日本獣医師会雑誌 = Journal of the Japan Veterinary Medical Association 63(9), 715-718, 2010-09-20
  • 重度の神経症状を呈し死亡した7カ月齢の猫を病理学的に検索した結果、非滲出型猫伝染性腹膜炎(Feline Infectious Peritonitis:FIP)と診断された。肉眼的に、大脳における重度のうっ血ならびに水腫、および腎皮質における多数の乳白色結節の形成が認められた。組織学的にも、大脳全域におけるび漫性うっ血がみられ、大脳の硬膜静脈洞に線維素血栓が形成されていた。また、腎皮質、および脳室周 …
  • NAID 10026611703

関連リンク

硬膜(こうまく、dura mater)は、脳と脊髄を覆う3層の髄膜のうち、一番外にある膜。硬 膜の内にあるクモ膜とは密に接着している。ただし硬膜下隙と呼ばれる微細な隙間が あり、硬膜下出血で血液がたまると肉眼で認められる程度まで広がる。硬膜は非常に 厚く ...

関連画像

硬膜静脈洞正中面を左から見た 急性硬膜下血腫の画像診断(acute 冠状 :脳硬膜, 大脳鎌, (硬膜 頭蓋骨・硬膜・クモ膜・軟膜の 猫の硬膜外血腫の症状としては 体重比で言えば 2% ほどです


★リンクテーブル★
リンク元後硬膜動脈」「cranial dura mater」「cerebral dura mater
関連記事硬膜」「

後硬膜動脈」

  [★]

posterior meningeal artery (KL)
arteria meningea posterior
前硬膜動脈中硬膜動脈

起始

走行

分布



cranial dura mater」

  [★]

脳硬膜

cerebral dura mater

cerebral dura mater」

  [★]

脳硬膜

cranial dura mater

硬膜」

  [★]

dura mater
dura pachymeninx
脳硬膜脊髄硬膜髄膜


神経


膜」

  [★]

membrane
メンブランメンブレン




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡