脳深部刺激

出典: meddic

脳深部刺激療法

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2016/06/23 14:00:56」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 脳深部刺激療法 (特集 近年における精神医学の進歩 : 生物学的な側面から)
  • 深谷 親,小林 一太,大島 秀規 [他]
  • 日大医学雑誌 = Journal of Nihon University Medical Association 71(6), 405-409, 2012-12-00
  • NAID 40019547101
  • 脳深部刺激療法(DBS) : 批判的吟味 (特集 うつ病に対する新しい身体療法)
  • ふるえ(振戦)の鑑別診断

関連リンク

DBSとは脳の深部に留置した電極からの電気刺激により、その部位の活動を抑えて、従来の外科治療で行われていた脳深部の破壊術と同様な効果を得るという治療法です。 実際には図のように刺激電極を脳内の特定の場所 ...
脳深部刺激術(DBS)の体験記を掲載しています。 医学情報およびDBSについての説明もお読みください。 New! 私はこうしてDBSを選んだ。 by 四絃

関連画像

 に対する脳深部刺激2)脳深部電気刺激術(DBS 刺激電極と刺激装置脳深部刺激法(DBS)の仕組み脳深部刺激療法(DBS)脳深部刺激療法(DBS)って


★リンクテーブル★
リンク元DBS
拡張検索脳深部刺激療法
関連記事刺激」「深部

DBS」

  [★]

脳深部刺激療法」

  [★]

deep brain stimulation DBS
脳深部刺激法脳深部電気刺激脳深部刺激深部脳刺激
  • 神経系 091116IV

概念

  • 定位脳手術により脳に刺激電極を留置し電気刺激を行う。

適応

  • 疼痛のコントロール:視床感覚中継核、同非特殊核、中脳水道周囲灰白質などの低頻度刺激(医学事典)。(痛覚の下行性抑制系)視床下部、中脳中心灰白質を刺激(SCN.305)。(視床の血管障害による視床痛)視床後腹側核(VP)の電気刺激(SCN.305)
  • パーキンソン病の振戦:視床VIM核の高頻度刺激 (医学事典)
  • パーキンソン病:淡蒼球内節視床下核の高頻度刺激 (医学事典)

出典不明

  • パーキンソン病:両側視床下核:振戦、固縮、無動、歩行障害の改善。オフ時間の短縮(ただしオン時間の効果を上わまることはない)。L-ドーパの減量。精神症状、自立神経障害、睡眠障害には効果がない。
  • 本態性振戦:視床
  • ジストニア:両側淡蒼球:オフ時間の短縮。L-ドーパ誘発性ジスキネジアの軽減。
  • 三叉神経痛:視床



刺激」

  [★]

(刺激そのもの)stimulusstimuli。(行為)stimulation、、stimulateirritateincite、(薬物や抗原で)prime
impulse
刺激作用煽動抗原刺激扇動予備刺激




深部」

  [★]

deep
深在性深い




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡