脳梁放線

出典: meddic

radiation of corpus callosum (KL)


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • マウスのX線小頭症における脳血管形成異常について
  • 亀山 義郎,林 靖,星野 清
  • 先天異常 : 日本先天異常学会会報 : official journal of Congeital Anomalies Research Association of Japan 12(3), 147-156, 1972-09-30
  • NAID 110002728059

関連リンク

脳梁」. [☆]. 英: corpus callosum (KH); 同: 脳梁幹、胼胝体; 関: 大脳の交連、内包 · 脳 梁放線、脳梁吻、脳梁膝、脳梁体、脳梁膨大. 左右の大脳皮質を結ぶ横走線維→脳梁 放線をなす; 脳梁の表面には痕跡的な灰白質が存在する (KA.106) ...
要旨 ご 左半球の脳梗塞後に. 視覚失語' 触覚失語, そして味覚失語を呈した症例を報告 した。 MRー. では2つの高信号域が認められた。 ーつは' 左角回皮質下にあり, 脳梁 膨大部からの脳梁放線を含. んでぃた〝 も う ーつは' 左前頭葉皮質下に位していた。

関連画像

皮質脊髄路や 視床放線 などの 脳 - 冠状 : 脳 - 人体解剖図, 脳  面 に 平 行な 面 脳 梁 膨 大部図442 ] 脳梁放線 Radiatio corporis 図443 ] 放線冠の線維像 (線維 ② 脳 梁 の 発生 脳 梁 は 膝 部


★リンクテーブル★
関連記事脳梁」「

脳梁」

  [★]

corpus callosum (KH)
脳梁幹、胼胝体
大脳の交連、内包
脳梁放線脳梁吻脳梁膝脳梁体脳梁膨大



  • 左右の大脳皮質を結ぶ横走線維→脳梁放線をなす
  • 脳梁の表面には痕跡的な灰白質が存在する (KA.106)


Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.
Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.


線」

  [★]

linestring
裏打ち系統ライン




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡