脱色素性母斑

出典: meddic


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 脱色素性母斑 : 最近の知見
  • 大磯 直毅,川田 暁
  • 日本小児皮膚科学会雑誌 = Journal of pediatric dermatology 29(2), 85-89, 2010-11-30
  • NAID 10027698391
  • 伊藤白斑・脱色素性母斑・結節性硬化症・白皮症 (特集 専門医にきく子どもの皮層疾患) -- (母斑(症)・血管腫・皮膚腫瘍)
  • 竹中 秀也,岸本 三郎
  • 小児科診療 72(11), 2124-2130, 2009-11
  • NAID 40016861088

関連リンク

gooヘルスケア 家庭の医学。白斑性母斑。どんな病気か 白斑性母斑は脱色素性母斑(だつ しきそせいぼはん)とも呼ばれ、生まれつきある限られた部位にできた、不完全な脱色素 斑(白く色が抜けて見える)です。体幹部や四肢に多くみられ、顔面、手足には少な.

関連画像

先天性色素性母斑。大きなも 斑状アミロイドーシスCinderella time:BABY DIARYCinderella time:BABY DIARY


★リンクテーブル★
リンク元色素異常症
関連記事母斑」「色素性母斑」「色素」「脱色」「色素性

色素異常症」

  [★]

pigmentation disorder, disorder of skin color
皮膚色素異常症
色素沈着障害, シャンバーグ病, 色素欠乏性色素失調症


色素異常症 NDE.258

  • A. 色素の脱失を主体とするもの
  • B. 色素増加を主体とするもの
  • C. 異物沈着によるもの

狭義の色素異常症 dyschromatosis (1)

=acropigmentation symmetrica of Dohi
いずれの疾患も多くの小さい色素斑と脱色斑(macules of hypo- and hyperpigmentation)が子供のうちに出現する。

参考文献

  • 1. Textbook of Pediatric Dermatology 2nd edition, Wiley-Blackwell p.1031


母斑」

  [★]

nevus, birthmark
naevus
あざ

定義

  • 遺伝的ないし胎生的素因に基づき、生涯のさまざまな時期に発現し、きわめて徐々に発育し、皮膚の色調あるいは形の異常を主体とする限局性の皮膚の奇形

分類

由来による分類

  • A. メラノサイト系母斑(神経堤由来):
  • B. 上皮細胞系母斑
  • C. 間葉細胞系母斑

母斑

通常型
特殊型
  • D. 皮膚の色素異常を伴うその他の母斑

神経皮膚症候群



色素性母斑」

  [★]

melanocytic nevusmelanocytic nevipigmented nevuspigmented nevi, nevus pigmentosus
色素細胞性母斑色素細胞母斑メラノサイト性母斑母斑細胞母斑


色素」

  [★]

dyepigmentdye stuff
染色ピグメント染める着色料組織染色剤

脱色」

  [★]

decolorizationdecolorize

色素性」

  [★]

pigmentedpigmentary




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡