脱水素酵素

出典: meddic

dehydrogenase
デヒドロゲナーゼ
  • 脱水素による酸化反応を触媒する酵素群




Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2014/03/12 18:34:19」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 3. Rhodococcus erythropolis由来L-パントラクトン脱水素酵素の遺伝子解析とその応用(第436回研究協議会研究発表要旨,ビタミンB研究委員会)
  • 片岡 道彦,斯 大勇,浦野 信行,清水 昌
  • ビタミン 88(9), 484, 2014-09-25
  • NAID 110009844825
  • 高度好熱菌由来ホモセリン脱水素酵素の結晶学的研究
  • 赤井 翔太,生城 浩子,澤井 大樹,林 秀行,神谷 信夫,宮原 郁子
  • ビタミン 88(7), 358-365, 2014-07-25
  • Homoserine dehydrogenase catalyzes the conversion of L-aspartate-4-semialdehyde to L-homoserine. Homoserine dehydrogenase is required for the biosynthesis of the three essential amino acids, i.e. lysi …
  • NAID 110009833078
  • 高度好熱菌由来ホモセリン脱水素酵素の結晶学的研究
  • 赤井 翔太,生城 浩子,澤井 大樹 [他]
  • ビタミン 88(7), 358-365, 2014-07
  • NAID 40020167276

関連リンク

アセトアルデヒド脱水素酵素(アセトアルデヒドだっすいそこうそ、ALDH; EC 1.2.1.10) は、摂取したエチルアルコールの代謝によって生じるアセトアルデヒドを、酢酸に分解 する代謝酵素。アセトアルデヒドデヒドロゲナーゼとも。アルデヒド脱水素酵素の一種。

関連画像

154: クエン酸回路 (Citric Acid Cycle  脱水素酵素複合体2.jpg 脱水素酵素(ADH)の反応 クエン酸脱水素酵素(PDB:3blw 族アルデヒド脱水素酵素の発見 脱水素酵素(ALDH)と日本人


★リンクテーブル★
リンク元酸化還元酵素」「dehydrogenases」「dehydrogenase
拡張検索ヒドロキシ酪酸脱水素酵素」「5,10-メチレンテトラヒドロ葉酸脱水素酵素」「ホスホグリセリン酸脱水素酵素」「極長鎖アシルCoA脱水素酵素欠損症」「αケト酸脱水素酵素
関連記事酵素

酸化還元酵素」

  [★]

oxidoreductase
オキシドレダクターゼ
脱水素酵素酵素レダクターゼ



dehydrogenases」

  [★] 脱水素酵素 デヒドロゲナーゼ


dehydrogenase」

  [★] 脱水素酵素 デヒドロゲナーゼ


ヒドロキシ酪酸脱水素酵素」

  [★]

hydroxybutyrate dehydrogenase
ヒドロキシ酪酸デヒドロゲナーゼ3-ヒドロキシ酪酸デヒドロゲナーゼ


5,10-メチレンテトラヒドロ葉酸脱水素酵素」

  [★]

5
5,10-メチレンテトラヒドロ葉酸デヒドロゲナーゼ


ホスホグリセリン酸脱水素酵素」

  [★]

phosphoglycerate dehydrogenase
ホスホグリセリン酸デヒドロゲナーゼ


極長鎖アシルCoA脱水素酵素欠損症」

  [★]

very-long-chain acyl-CoA dehydrogenase deficiency
VLCAD欠損症


αケト酸脱水素酵素」

  [★] α-ケト酸デヒドロゲナーゼ

酵素」

  [★]

enzyme, ferment
酵素反応

酵素の分類

  • (a)酸化還元酵素(oxydoreductase) EC1:ある物質を酸化したり、還元したりします。脱水素酵素、ペルオキシダーゼなどを含みます。
  • (b)転移酵素(transferase) EC2: アミノ基やリン酸基などをある物質から別の物質に転移する酵素です。アミノ基を転移する酵素はアミノトランスフェラーゼと呼ばれます。
  • (c)加水分解酵素(hydrolase) EC3:ある物質(基質)に水(H2OのうちHとOH)を加えることにより、2つに分解します。多くの蛋白分解酵素が含まれます。
  • (d)リアーゼ(lyase) EC4:ある物質を2つに分解します。
  • (e)イソメラーゼ(isomerase) EC5:ある基質を異性体に変換します。
  • (f)リガーゼ(ligase) EC6;ATPのエネルギーを使って2つの物質を結合します。







★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡