脊髄円錐

出典: meddic

medullary cone (M)
conus medullaris (M)
  • 腰膨大のL1椎体より下位でみられる円錐形の脊髄 (KH.89)
  • 脊髄円錐は、日本人の成人ではL2椎体より上方にある (KH.89)


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 脊髄円錐軟膜下発生の脊髄神経鞘腫の1例
  • 森迫 拓貴,高見 俊宏,大畑 建治
  • 脊髄外科 : 日本脊髄外科研究会機関誌 = Spinal surgery : official journal of the Japanese Society of Spinal Surgery 24(1), 42-45, 2010-06-01
  • NAID 10026471603
  • 脊髄円錐近傍の脊髄腫瘍--手術所見と機能回復 (日本脊椎・脊髄神経手術手技学会特集号)
  • 高見 俊宏,森迫 拓貴,長久 功 [他]
  • Journal of spine research 1(8), 1560-1564, 2010-08
  • NAID 40017278255

関連リンク

ヒトの脊髄は、延髄の尾側に始まり、第一腰椎と第二腰椎の間の高位で脊髄円錐となっ て終わり、終糸と呼ばれるひも状の繊維につながっている。 脊髄から直接出ている神経 は神経根と呼ばれ、神経根が脊髄腔から出る高位によって、頸髄、胸髄、腰髄、仙髄、 ...
脊髄は背骨(脊柱)の中にあり、直径約1㎝の白く細長い円柱状をし、下方は脊髄円錐と なって第1~2腰椎の高さで終わっています。上方は脳(延髄)に連なり、頸部(頸髄)、 胸部(胸髄)、腰部(腰髄・仙髄・尾髄)に区分されます。 脊髄の前面には縦に走る深い ...

関連画像

 脊髄円錐, 脊髄終糸, 馬尾脊髄の構造についてやはり同側に運動麻痺・ 深部 anatomy16a-1.jpg (54944 バイト)馬尾(脊髄末端より下位の脊髄 脊髄円錐より下では、脊髄神経


★リンクテーブル★
リンク元ヤコビー線」「腰膨大
拡張検索脊髄円錐症候群
関連記事脊髄

ヤコビー線」

  [★]

Jacoby line (KH)
Jacoby線、ヤコビ線

概念

  • 左右の腸骨稜の最高点を結ぶ線
  • L4の棘突起の位置に相当することが多い (KH.87)
  • 脊髄円錐はL2椎体の高さより上なので、ヤコビー線が腰椎穿刺の目印となる

参考

  • シェーマ
[display]http://www.nikinin.com/mem/3904/niki/484578333234a.jpg
[display]http://harikyu-massage.com/yakobi.gif


腰膨大」

  [★]

lumbar enlargement (N), lumbar intumescence
intumescentia lumbalis
腰仙膨大
頚膨大脊髄円錐
  • 図:N.154
  • 脊髄の下部で、下肢を支配する脊髄神経を出すために太くなっている部分。下方には脊髄円錐が続く。およそL1髄~L5髄(N.154)/L1髄-S3髄(医学事典)に相当する。


脊髄円錐症候群」

  [★]

conus medullaris syndrome, conus syndrome
脊髄圧迫圧迫性脊髄症サドル状感覚消失脊髄円錐


脊髄」

  [★]

spinal cord (M)
medulla spinalis









  • 成人の脊髄は大後頭孔からL1-L2の椎骨まで達する (M.279)

解剖






★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡